探偵コラム

浮気・不倫2019/11/06

風俗は浮気・不倫になる!?旦那に風俗通いさせない方法とは?

男は浮気をする生き物、といわれますが、確かに男性は女性よりも性欲が強く、浮気の誘惑に流されやすいところがあります。もちろん、浮気はいけないことですが、性欲が溜まってしまうのは仕方のないこと。そんなときに男性が選択するものが、「風俗」です。

恋人がいても家族がいても、風俗に通う男性は大勢いますし、ある意味で風俗通いは、暗黙の了解のように扱われていることでしょう。

しかし、よく考えてみると、風俗は奥さん以外の人と性行為を結ぶことにほかなりません。通常、妻以外の女性と肉体関係を持った場合には、それは不貞行為とみなされ、いわゆる不倫に該当します。では、同じく肉体関係を持つことになる風俗は、不貞行為に当たらないのでしょうか?

夫の風俗通いを気にしない人であればいいのですが、なかには「風俗は絶対にイヤだ!」「風俗に通うなら別れる」と考える女性も大勢います。そのような女性にとって、風俗と不貞行為の違いはあまりないのかもしれません。

そこでこちらの記事では、風俗と不貞行為の関係、つまり、風俗は不貞行為に当たるのか、という点について紹介したいと思います。また、夫に風俗通いをさせないための対策法についてもまとめてみたいと思います。

「不貞行為」の定義とは?

風俗と不貞行為の関係性を考える前に、そもそも「不貞行為」が法律上どのように定義されているか、確認しておく必要があります。

というのも、民法(第770条)では「配偶者に不貞な行為があったとき」に「夫婦の一方は、離婚の訴えを提起することができる」と定めていますが、不貞な行為の具体的な内容については一切触れていません。実はこれこそが、浮気や不貞行為の境界線をあいまいにしている理由でもあります。

そして一般的に、不貞行為は「性交渉=セックス」を指しますが、それ以外にも、オーラルセックス(口腔性交)や、射精を伴う行為も性交渉の類似行為とみなされ、不貞行為があったと判断されます。

また、直接的な性交渉の証拠がないとしても、同棲をしている、ラブホテルに長時間入っているなど、間違いなく性交渉があったと推測される状況にいた場合には、それも不貞行為とみなされるようです。もちろん、浮気相手と二人きりで温泉に行った、などの行為もこれに含まれるでしょう。

このような場合に大切になるのは、「二人きりで」「長時間」滞在しているということです。どちらかが(証拠として)欠けると不貞行為の照明が難しくなるため、注意が必要です。

いずれにしても、不貞行為の中心にあるものは「性交渉」または「性交渉に類似する行為」になるため、法律上は「恋愛感情」が争点に挙げられません。つまり、どれだけ浮気相手と愛し合っていたとしても、そこに性交渉さえなければ、法律上は不貞行為に当たらないことになります。

また、性交渉または性交渉に類似する行為以外の行為も、不貞行為に該当しないことになります。つまり、一緒に手をつないで歩いたり、ハグをする、キスをするという行為は、不貞行為には認定されません(100%というわけではありませんが、不倫の証拠とするにはかなり難しいといわれています)。

逆にいうと、まったく恋愛感情がないとしても、不貞行為さえあれば、それは不倫とみなされます。たとえば酔った勢いで、好きでもない女性と肉体関係を持ってしまった場合は、不貞行為に当たります(意識を失うほどの酩酊状態にあった場合には、不貞行為に当たらないこともあります)。また、パートナーが浮気をしているために、自分も腹いせに別の女性と肉体関係を持った、という場合も、不貞行為に該当します。

このように、法律上の不貞行為は、恋愛感情は一切問われず、とにかく性交渉やそれに類似する行為があるかどうか、という点が争点になることを覚えておきましょう。

風俗は性交渉に該当するのか?

前述のように、不貞行為の有無は、感情とは無関係に、「性交渉」または「性交渉に類似する行為」があるかどうかが重要になる、ということが分かりました。では、風俗はどうでしょうか。風俗はまさに、お金を払って性交渉をする場合であり、当然ながらそこに感情はなく、逆に性交渉・性交渉に類似する行為は確実に存在します。行為そのものに注目すれば、まさに不貞行為に当たるといえるでしょう。

一方で男性側は、「風俗は浮気ではない」「性欲を処理させているだけなんだから、別に風俗に行くのは問題ない」と考える人が多いようです。確かに、結婚後も風俗店を利用している男性は多く、万が一風俗通いが不貞行為に該当するとなれば、多くの男性が青ざめてしまうことでしょう。

しかし、実際には風俗といえども、妻以外の女性と肉体関係を持った=不貞行為とみなされることが一般的のようです。そのため、風俗に通っている男性は、基本的に不貞行為をはたらいている=不倫をしている、ということになります。

ただし、一口に風俗店といってもさまざまな種類があり、必ずしも不貞行為に該当するとはいえない場合もあるようです。そこで、風俗店の種類別に、不貞行為に該当するかどうか確認してみましょう。

1. ソープランド

そもそも前提として、法律上、風俗店では性交渉=本番行為(セックス)は禁止されています。しかしソープランドは、風俗店の中でも唯一本番行為が黙認されている場所であり、直接的な性交渉を結ぶ場と判断されます。そのため、ソープランドへ行くという行為自体が、不貞行為に該当してしまいます。

2. ファッションヘルス

ファッションヘルスには、お店で性的なサービスを行うものと、男性の自宅やホテルなどでサービスを行うもの(デリバリーヘルス、デリヘル)があります。ファッションヘルスでは(少なくとも表向きは)本番行為が禁止されており、性交渉に類似する行為が行われることになります。もちろん、性交渉に類似する行為でも不貞行為に該当するため、ファッションヘルス、デリバリーヘルスともに不貞行為に当たります。

3. ピンクサロン

ピンクサロン(ピンサロ)は、本番行為が禁止されているものの、オーラルセックスを行うことが一般的です。オーラルセックスは性交渉に類似する行為にあたるため、ピンサロ通いも不貞行為に該当します。

4. SMクラブ

SMクラブも他の風俗店同様に、本番行為を禁止しています。SMクラブは中で何が行われているか分かりにくいこともあり、実は不貞行為の判断が難しいサービスといわれることもあります。というのも、たとえばプレイスタイルによっては、性交渉に類似する行為、射精を伴う行為が存在しない場合もあり得ます。そのような場合には、必ずしも不貞行為に該当しない可能性もあり、またそもそも証明が難しいため、かなりグレーゾーンにいるといえます。

5. 性感マッサージ

性感マッサージでは本番行為が禁止されており、またオーラルセックスを行わないことも一般的です。ただし、射精を伴う行為をサービスとして展開している以上、やはり性交渉に類似する行為とみなされ、不貞行為に該当します。

6. ストリップ

風俗店の中で、数少ない性交渉のないサービスを展開しているのがストリップです。ストリップは女性を鑑賞するサービスであり、本番行為はもちろん、それに類似する行為も行われません。そのため、法律上は不貞行為に当たらないと判断されることが一般的です。

なぜ男性は風俗店に通うのか

上記のように、風俗店の多くは不貞行為に該当することがわかります。つまり、風俗通いが絶えない夫に対し、それを理由に離婚を切り出すこともできるという訳です。

ただし、風俗に通っているからといって、その責任のすべてを夫に押し付けるのも、考え物かもしれません。本当の意味で夫婦の関係性を深めたいのであれば、そもそもなぜ男性が風俗へ通うのか、あるいは通いたがるのか、その心理を理解する必要があります。

そこで、男性が風俗店へ行く理由をまとめてみたいと思います。

1. 性交渉をもつ機会がないから

恋人や妻がいない人の場合は、合法的に性交渉(またはそれに類似する行為)をする場所として、風俗店はほぼ唯一の存在となります。また、独身者はもちろんのこと、たとえ恋人や妻がいるとしても、性交渉を拒まれるなど、満足の行く性体験ができない男性にとっても、風俗店は都合のいいサービスとなります。

男性の体内では常に精子が製造されており、定期的に排出する必要があります。もちろん自分でも性処理を行うことは出来ますが、やはり可能であれば、肉体的・精神的な満足感を求めてしまうものです。そしてそのような体験が身近にない男性にとっては、風俗店は唯一の救いともとらえられるのです。

2. 性的行為に対する厳格な雰囲気

近年では女性に対するセクハラ行為が厳しく取り締まられたり、そもそも女性を性的な目で見ること自体が、不謹慎な行為として認識されるようになりました。もちろんそれ自体が悪いことではありませんが(むしろ推奨されるべきことですが)、男性としては精神的にますます窮屈になり、これまで以上に性的な欲求を解消させづらい状況に追い詰められることになりました。

いわば風俗店は、男性にとって数少ない、自身の性的欲求を気兼ねなく発散できる場所であり、窮屈な思いをすることなく、安心して性処理のできる場所になっているのです。言い換えれば、ある種のストレス発散の場であるとも考えられるでしょう。

3. 性的サービス「だけ」を求めることができる

もし女性と性行為をしたいと思ったら、基本的には恋人関係になるか、あるいは相手に合意をしてもらう必要があります。そのためには一から関係を築き、恋愛関係(または肉体を求めあう関係)を結び、それを維持していく等、非常に時間やお金のかかる道を選ばなければいけません(しかも、それが必ずしも成功するわけではありません)。

一方で風俗店は、性行為をすること「だけ」が目的であり、決まった料金を払いさえすれば、満足の行く性的なサービスを提供してもらいます。単に性的欲求を見たいしたいと思うときには、これ以上に便利なサービスはありません。

旦那に風俗通いをさせない方法

このように、男性側にも風俗店に通う理由はあります。では、どのようにすれば夫や恋人の風俗通いを止めさせることができるのでしょうか。最後に、その方法についてまとめてみましょう。

1. お互いの性的欲求を満たし合う

もし家庭内で性的欲求を満たすことができれば、男性もわざわざ高いお金を払って風俗店に通う必要はありません。性のことで話し合うことに抵抗のある女性もいますが、男性にとっては、あなただけが唯一、自分の性欲を満たしてくれるパートナーになります。性の関係は男女関係に直接影響するため、関係性を強めるためにも、互いの性に対する要望を日頃から口にするようにしましょう。もちろん、頻繁に性行為を拒むこと自体も良くありませんし、場合によっては離婚の事由に該当することもあります。

2. 求められる存在でいる

結婚するとついついサボりがちな女磨きですが、それゆえに旦那さんがあなたに対する魅力を失ってしまう可能性もあります。結婚したから大丈夫と安心せず、つねに求められる女性を維持する努力を怠らないようにしましょう。

3. 財布を把握する

風俗店には多額のお金がかかるため、そもそも旦那さんのお小遣いをしっかりと管理してしまえば、根本的に風俗通いを止めることができます。おそらくこれがもっとも直接的で有効な方法ですが、いっぽうで単に禁止するだけでは、旦那さんのストレスがたまってしまいます。前述のような旦那さん側の都合もはっきりと理解し、財布のひもを結ぶ分、家庭内で旦那さんが満足できるような努力を忘れないようにしましょう。

まとめ

風俗店と不貞行為の関係、風俗通いを防ぐ方法について分かりましたか?

女性からすると、男性は性欲が強く、風俗通いをするなんて情けない、と考えるかもしれませんが、男性の視点に立つと、男性自身も好きで性欲が強いわけではありません。男性にとっては、定期的に性処理をしなければならないというのは面倒なことであり、不便な性質でもあるのです。そのようなストレスを理解してあげないと、本当の意味で男性の風俗通いを防ぐことは難しいかもしれません。

また、夫の風俗通いに我慢できず、離婚を考えている女性もいるはずです。そのような方はぜひ一度、探偵に依頼してみませんか?探偵は旦那さんの風俗通いを調査し、裁判で使用できる証拠を入手してくれます。

探偵に興味のある方は、ぜひ当サイトのおすすめする探偵事務所をチェックしてみてください。

原一探偵事務所

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
100%の高評価
料金
120,000円〜
浮気調査
参考価格
250,000円
対応地域
全国
所在地
埼玉県川越市上寺山2-1(本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

調査の基本はチームプレイ!11万件以上の成功実績を持つ老舗探偵事務所
さらに、電話での無料相談も24時間受付中! >>【0120-26-0134

創業44年を超える原一探偵事務所は、11万件以上の成功実績を持つ業界随一の老舗探偵事務所です。原一では調査の成功率を高めるため、常にチームで行動し、調査対象を隙なく監視します。他の事務所では引き受けてもらえない、または失敗した案件であっても、経験豊富な原一探偵事務所は、これまでに何度も解決に導いていきました。信頼できる老舗探偵事務所をお探しの方は、ぜひ原一探偵事務所にご相談ください。

新型コロナウイルスの感染症対策の一環として、テレビ電話での相談受付を開始!

【テレビ電話相談とは?】

  1. ほぼすべてのスマートフォンに対応しており、専用アプリのインストールや機能の追加は不要で気軽に利用できる!
  2. カメラのオフ機能を使って、顔は見せずに相談可能!
  3. 資料を見ながら対面と同様の環境で相談できる!
  4. 土日も対応、ひとりになれるタイミングができたときに相談できる!

原一探偵事務所の3つのポイント

  1. 探偵業界の3冠達成!
  2. 追加料金のない安心の料金プラン
  3. 創業44年の老舗探偵事務所

探偵業界の3冠王!創業44年の老舗探偵事務所

原一探偵事務所は、

 

  • 弁護士が選ぶ 料金トラブルが少ない探偵事務所
  • マスコミ関係者が選ぶ 結果を出せる実績ある探偵事務所
  • 調査してほしい日に調査してくれた探偵事務所

 

 

の3部門で第1位に選ばれた信頼性の高い探偵事務所です。特に原一探偵事務所のオススメポイントとして、「安心の料金体系」と「ベテランの腕」が挙げられます。

まず料金体系ですが、現在の探偵事務所は全国的に料金トラブルが発生しており、国民生活センターには年間7000件以上の電話相談が寄せられているようです。その点、原一探偵事務所は、「見積り以上の追加料金が一切発生しない」ことを約束しています。このような安心の料金システムが、原一探偵事務所の信頼性につながっているようです。

また、創業44年の老舗探偵事務所である原一には、経歴20年を超えるベテラン調査員を含め、大勢のスタッフがいます。そのため、小規模探偵事務所にはできない「チームプレイ」が可能となり(たとえば、尾行がバレそうになったら別の調査員に交代する等)、調査の成功率が極めて高いことでも有名です。

質と安全性の両方をお求めの方には、原一探偵事務所がオススメです。

料金表

調査料金
80,000円~ / 日
基本料金
40,000円
浮気調査参考価格
250,000円

原一探偵事務所の料金には、

  1. 調査時間・日数
  2. 調査員人数・調査機材代
  3. 報告書作成費
  4. 調査車両料金
  5. 諸経費

が含まれます。追加費用は一切発生しません。

MR

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
98%の高評価
料金
20,000円〜
対応地域
全国
所在地
東京都豊島区東池袋1-47-3-1F(東京本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

5年連続業界実績No.1!女性の心に寄り添うメンタルケアで顧客満足度97.4%

MRは業界最大手の探偵社であり、業界で初めて認定カウンセラーを導入したパイオニアでもあります。依頼に訪れる女性の苦悩を考慮し、クライアントに寄り添うサービスを展開。探偵・カウンセラー・弁護士の3者が協力し合うことにより、調査のみならず、クライアントのその後の人生を手厚くサポートしてくれます。このような徹底した支援体制が功を奏し、顧客満足度は97.4%を突破。その実績は5年連続業界No.1を記録しています。

探偵事務所MRの3つのポイント

  1. 年間相談15,000件の圧倒的な実績!
  2. 認定カウンセラー制度導入でレベルが高い!
  3. 弁護士が選ぶ探偵事務所1位

カウンセリングサービスのパイオニア!業界No.1を走る最大手探偵社

MRは5年連続実績No.1の記録を打ち立てた業界最大手の探偵社です。その実績は年間15,000件以上に及び、さらに「弁護士が選ぶ信頼できる探偵事務所」でも第1位に輝いています。MRはなぜそれほどの人気と信頼性を勝ち得ることができたのでしょうか?

その最大の理由といえば、「認定カウンセラー」の存在です。MRは探偵社でありながら、業界で初めてカウンセラーによるメンタルケアサービスを始めたパイオニアでもあります。

現在、大手探偵社の中にはカウンセラーを積極採用しているところもありますが、その起源はMRにありました。MRはカウンセラーによるメンタルケアを徹底することで、探偵業を終えたその後のクライアントのケアにも努めています。

特に不倫調査の多い探偵業において、不倫発覚後の夫婦のサポートは必要不可欠です。多くの場合、離婚・復縁の二択に迫られるわけですが、いずれにしても、不倫が発覚し、動揺するクライアントに決断を迫るのは難しいもの。あるいは冷静な判断ができず、後悔する可能性もあります。

MRでは認定カウンセラーが夫婦の人生相談に乗ることで、クライアントが最も幸福になれる道をサポートしてくれます。そのようなカウンセラーの存在が、MRを業界最大手にまで押し上げた最大の要因といえるでしょう。

料金表

あんしん料金パック
20,000~50,000円 / 時間(税別)

あんしん料金パックの内容

MRでは調査に必要な費用がほとんどすべて基本料金に含まれるため、追加費用の発生しないのが特徴的です。

  1. 報告書作成費用
  2. 動画・証拠写真
  3. カウンセリング
  4. 車両・燃料・交通費
  5. 特殊機材費用
  6. 調査員人件費

HAL探偵社

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
97%の高評価
料金
6,000円 / 時 ~
対応地域
全国
所在地
東京都新宿区西新宿7-22-18 オフィスK3階
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

満足度98.36%×成功率99.8%×業界最安値級!コスパ最強の探偵事務所

HAL探偵社の成功率は「99.8%」を記録しており、その調査力は他社を圧倒しています。案件の3分の1は他社で断られたり、失敗したものであり、HAL探偵事務所の能力の高さを伺うことができます。また料金は業界最安値級である「1時間6,000円」をマーク。業界初となる「後払い制」も採用しており、探偵事務所の中でもっともコストパフォーマンスに優れた存在といえます。

HAL探偵社の3つのポイント

  1. 1時間6,000円の業界最安値級
  2. 調査成功率99.8%!
  3. 安心の業界初「後払い制」

成功率99.8%!他社を圧倒する調査力

HAL探偵社の魅力は、格安の料金体系と圧倒的な調査力です。通常、探偵社の料金体系は「1日単位」の計算ですが、HALは「1時間単位」で料金を計算してくれます。また1時間単位で計算した場合、探偵社の平均料金は15,000円になりますが、HALの料金はわずか6,000円。平均の半額以下の料金に設定されており、文字通り業界最安値級をマークしています。

さらにHALでは、業界でも珍しい「後払い制」を採用しています。そのため、高額の料金を払ったのに、いい加減な仕事をされてしまった・・・というようなありがちな失敗をすることがありません。

このような安心な料金体系に加え、HAL探偵社は成功率99.8%という驚異的な調査力でも話題を呼んでいます。他社で失敗した案件を成功させることも多々あり、コストパフォーマンスの高さから、顧客満足度も98%を突破。

初心者でも安心して利用できる高品質×低価格の探偵社といえるでしょう。

料金表

浮気・不倫調査
1時間 ¥6,000〜
結婚前調査
1案件 ¥300,000〜
GPS調査
2日 ¥9,800〜
盗聴器発見調査
1案件 ¥25,000〜
企業・個人信用調査
1案件 ¥30,000〜
家出・行方調査
1案件 ¥120,000〜
ストーカー・ 嫌がらせ調査
1案件 ¥30,000〜

HAL探偵社の料金には、

  1. 人件費
  2. 車両・機材費
  3. 交通費
  4. 報告書作成費
  5. 諸経費

が含まれます。追加費用は一切発生しません。

関連記事

一覧に戻る