探偵コラム

浮気・不倫2020/04/10

不貞行為ってなに?不倫が認められる証拠・認められない証拠について

不倫とは、結婚相手以外の人物と性交渉を持つこと、すなわち「不貞行為」を行うことを意味します。不貞行為とは、民法第770条に定められた「離婚事由(離婚が認められる原因になるもの)」であり、これを冒すことで、離婚の正当な理由になるのはもちろん、場合によっては慰謝料を請求される可能性もあります。

しかし、実はこの不貞行為の立証は、決して簡単なものではありません。というのも、私たちが考える不倫と、法律によって解釈される不倫では、大きく乖離しているからです。

また、実際に不貞行為と認められる行為があったとしても、それを客観的に認められる証拠がなければ、離婚自由として認められないなど、かなりシビアな条件もあります。

ようするに、明らかに不貞行為があると分かっていたとしても、法律ではなにも解決できず、離婚も慰謝料の請求もできないまま、ただ黙って泣き寝入りするしかない可能性もあるということです。

そこでこちらの記事では、不貞行為の定義や証拠の取り扱いについてまとめてみたいと思います。

不倫のラインはどこから?

「どこからが浮気?」という議論は、しばしば男女間でなされるものです。手を繋いだら浮気、キスをしたら浮気、デートに行ったら浮気、好きになってしまったら浮気・・・など、人によって解釈はさまざまでしょう。

ある人の浮気は、別の人にとっては許容範囲に当たることもあり、そのまた逆もあり得ます。

しかし、法律がそうであってはいけません。つまり、法律では、人によって解釈が異ってはいけないのであって、ある程度明確な基準を定める必要があるのです。

そして、法律上の不貞行為の解釈は極めて簡潔であって、ずばり、「肉体関係があったかどうか」という点のみが争点となります。

ようするに、手を繋ごうがキスをしようが、いくらデートをしようが、毎日のようにラブラブLINEを取り合っていようが、遊びであろうが本気であろうが、「肉体関係」さえなければ、それは不貞行為には該当しないということです。

目の前でキスをされても不貞行為に当たらないというのは、私たちの常識から考えればあまりに不自然ですが、このような法律上の取り決めがあるために、不倫裁判(離婚や慰謝料の請求)はかなりこじれることになるのです。

不倫の証明には「証拠」が必要

不貞行為の定義も難しいことながら、もう一つ厄介な点があります。

それは、冒頭でもお話ししたように、不貞行為を主張するためには、不貞行為の客観的な証拠が必要である、という点です。

この客観的という部分が厄介であり、ふたたび、私たちの常識と乖離している部分でもあります。

たとえば、もしあなたのパートナーが異性とLINEをしていて、互いに「大好き」とメッセージを送り合っているとします。一般常識で考えれば、これは不倫に当たりますよね。

ところが法律上は、そうではありません。

なぜなら、仮にそのメッセージを証拠として提出したとしても、それは単に、二人が好きだと言い合っている、もしくはお互いに好意があることの証明をするだけであって、二人の間に「不貞行為があった」という証明にはならないからです。

こんなメッセージを送り合っているのだから、どう考えても性交渉をしていると思えますが、それはあくまで当人の「憶測」であって、事実の証明には当たりません。むしろ、勝手にパートナーの携帯をのぞいたあなたの方が問題視されるくらいです。

では、どのような証拠であれば、客観的といえるでしょうか。もっとも確実なものは、当然ながら、実際に二人が不貞行為をしている(つまり性交渉をしている)映像や写真です。もしそんな証拠があれば、これは誰がどうみても、つまり客観的に不倫をしていると認められますよね。

しかし、実際にはそんな映像を記録することはほぼ不可能です。

そのため、実際の性交渉の映像はなくても、客観的に考えて不貞行為があったと認められるものは、証拠能力があると解釈されるのです。

では、どのような証拠であれば法的な証拠能力を持つのか(あるいは持たないのか)、もう少し掘り下げてみましょう。

不貞行為と認められる証拠・認められない証拠

厳密にいうと、性交渉中の映像を除けば、「確実に不貞行為と認められる証拠」というものはありません。

あくまでも、「不貞行為と認められる可能性が高い証拠・低い証拠」という言い方になります。というのも、実際の判断は、証拠自体のクオリティや、さまざまな状況を踏まえた上での解釈によっても左右されるからです。

その点を理解したうえで、客観性の有無について確認してみましょう。

「一定時間以上」ラブホテルを利用している

ラブホテルとは、名前の通り、性交渉を行うことを目的としたホテルです。男女二人がラブホテルに入っておきながら、何もなかったというのは、客観的に考えても苦しい言い訳ですよね(銭湯に行ったけど、お風呂に入らなかった、と言っているようなものですからね)。

そのため、ラブホテルを利用していることが分かる証拠があれば、不貞行為が認められる可能性は高くなります。実際に、探偵の証拠として提出されるものも、ラブホテル関連が多いようです。

ただし、ラブホテルの利用がわかるだけでは、証拠としては不十分です。たとえばラブホテルを利用したレシートや明細があったとしても、それはラブホテルを利用したことがわかるだけであって、パートナー以外の異性と一緒に入った記録とはいえません。苦しい言い訳ではあるものの、一人でラブホテルに入ったと言われれば、それ以上の追求が困難だからです。

そのため、基本的にはパートナーと別の人物が一緒にラブホテルに入ってから出てくるまでの一連の映像が必要となります。

もちろん、ラブホテルに入っていく人物が、「客観的に見て」パートナーであることがわからなければいけません。「顔は映ってないけど、間違いなく本人だ!」と主張しても、他人には認められないからです。

また、ラブホテルを利用する「時間」も非常に重要です。

仮にラブホテルに入ったことは認めたとしても、部屋に入らずに引き返した、といわれてしまえば、これもまた不貞行為の証拠にはなりません。

そのため、ラブホテルに入り、一定時間(少なくとも40分以上)が経過し、そして間違いなく本人たちが一緒に外に出てくるまでのすべてが記録されている映像であれば、証拠として認められる可能性が極めて高いといえます。

ビジネスホテル・自宅を出入りしている

一方で、ビジネスホテルや自宅の場合は、証拠能力があまり高くありません。二人がビジネスホテルを利用しているだけであれば、部屋は別々の可能性もありますし、ビジネスホテルはそもそも普通の宿泊施設なので、確実に性交渉が行われるとは判断できません。

また、自宅の場合も同様で、一緒にはいたけれど、ただ話をしていただけ、食事をしていただけ、と言われてしまえば、これについても追求は困難です(これが認められたら、異性の友人を家に招くだけで、不倫したことになってしまいますからね)。

そのため、ビジネスホテルの利用や自宅の出入りだけでは、決定的な証拠とはいえません。ビジネスホテルであれば、同室に宿泊した証拠をつかむことができれば、証拠能力は一気に高まります。

また自宅の場合は、一緒に自宅にいる時間や宿泊の有無、出入りしている回数、また、その事実をパートナーに隠しているかどうか(主張、残業など)、などによって、証拠として認められる可能性が変わります。

意識がないほどの泥酔状態だった

「酔った勢いで・・・」というのは浮気の言い訳の常套句ですが、実際に、意識がないほどに酩酊していた場合には、たとえ性交渉の証拠があったとしても、そもそも不貞行為には認められません。

不貞行為は、あくまで本人たちの「自由意思」のあることが前提とされているため、泥酔状態に陥り、完全に意識がなかった場合には、たとえ性交渉を行ったとしても、離婚自由に当たる不貞行為があったとはみなされません(性犯罪の被害者になります)。

しかしこれは、酒に酔っていればどんな場合でも不貞行為に当たらない、という意味ではありません。意識を完全に失うほどの酩酊状態にあった場合に限られます。

ようするに、お酒の勢いで、と言い訳できる程度であれば、自由意思を喪失していたとは判断できないため、とうぜんに不貞行為に該当します。

風俗店を頻繁に利用している

男性にとってはかなり衝撃的な事実ですが、風俗店の利用は、「不貞行為」に該当します(キャバクラは、性交渉がないため、不貞行為には当たりません)。

そもそも法律上の不貞行為は、結婚相手以外の人物と性交渉(またはそれに準ずる行為)を持つこととされており、風俗店は例外的に扱う、といった注釈はありません。

そのため、たとえそれが商売であろうが、妻以外の人物と関係を持った時点で、それは不貞行為と解釈されてしまうのです。

ただ、もちろん風俗店の場合は、普通の不倫と違い、悪質とは言い難いため、慰謝料の請求は極めて低額であり、また、風俗店を利用しただけで即離婚というのも、難しいようです。

不貞行為の相手が同性だった場合

不貞行為の相手が「同性」であった場合も、もちろん不貞行為に該当します。とくに近年はLGBTに対する理解も浸透しているため、性別による違いはありません。

ただし、同性同士が一緒にいても、一般的に考えれば「性交渉があるはずがない」と判断されてしまうため、異性同士に比べて、立証が難しくなります。

不貞行為に対する慰謝料について

パートナーに不貞行為があった場合には(その証拠もある場合には)、離婚を請求するだけでなく、慰謝料を請求することもできます。

また、パートナーだけでなく、不倫相手にも慰謝料を請求したり、そもそも離婚はせずに、慰謝料だけを請求する、ということも可能です。

慰謝料の相場

慰謝料の金額は、不倫の状況によって異なります。

主な争点としては、
不倫の回数や期間、婚姻期間、子供の有無、精神的損害の度合いなどが挙げられます。

そして、慰謝料の相場は、約50〜300万円程度です。海外のハリウッドスターの慰謝料などを目にしていると、とんでもない金額を請求できそうな気もしますが、実際には、大人一人の1年分の生活費にも満たない微々たる金額なのです。

慰謝料請求における注意事項

慰謝料を請求する際にも、一般的な価値観と法律の間に、大きな乖離が見られることがあります。

不貞行為が1回のみの場合

不貞行為に関する法的解釈として、とくに衝撃的なものが、不貞行為の「回数」です。

不倫をされた人からしてみれば、1回であろうが10回であろうが、精神的なダメージに違いはないように思えますが、法的には不貞行為の回数が極めて重要であり、慰謝料の金額に直接的に響きます。

つまり、不倫をされ、精神的に深く傷つき、結果的に離婚に発展したとしても、不貞行為が1回だけであれば、金額は低くなりがちということです。

別居中の不貞行為

別居中の不倫については、そもそも慰謝料の請求ができない場合もあります。

というのも、不貞行為とは、婚姻生活を維持しようとしている夫婦関係が前提となっており、もし長期にわたって別居生活中で、互いに交流もなく、客観的にみて夫婦の関係を修復するような努力が見られなければ、もはや結婚生活は破綻しており、不定行為による精神的損害があるとは考えがたい、と解釈されるためです。

離婚を前提に別居をしておきながら、別のパートナーを見つけることも許さない、というのは、確かに少々不自然ですからね。

ただ、別居期間が長いとしても、そこに夫婦生活を継続させるための努力が見られる場合には(定期的に交流があり、本人たちの意思としても、離婚を前提としていない場合)、これに当たりません。

不貞行為にも時効がある

不貞行為にもとづく慰謝料請求にも、もちろん「時効」があります。

時効の期限は、

  • 不貞行為があってから20年
  • 不貞行為の事実を知った日から3年

とされています。

不貞行為があると分かっても、3年が経過してしまえば請求できなくなってしまうため、慰謝料請求を検討している場合は注意しましょう。

浮気の証拠が欲しい場合は「探偵」に依頼!

前述のように、法的に認められる不倫の証拠はかなりシビアであり、素人が証拠を集めることは、ほぼ不可能と言われています。

そのため、不倫の証拠が欲しい場合には、唯一の専門機関である「探偵」を頼るようにしましょう。

当サイトがオススメする以下の3社は、大手企業で弁護士とも提携しており、極めて信頼性の高い探偵事務所といえます。パートナーの不倫で苦しんでいる方は、ぜひ一度相談してみてください。

原一探偵事務所

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
100%の高評価
料金
120,000円〜
浮気調査
参考価格
250,000円
対応地域
全国
所在地
埼玉県川越市上寺山2-1(本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

調査の基本はチームプレイ!11万件以上の成功実績を持つ老舗探偵事務所
さらに、電話での無料相談も24時間受付中! >>【0120-26-0134

創業44年を超える原一探偵事務所は、11万件以上の成功実績を持つ業界随一の老舗探偵事務所です。原一では調査の成功率を高めるため、常にチームで行動し、調査対象を隙なく監視します。他の事務所では引き受けてもらえない、または失敗した案件であっても、経験豊富な原一探偵事務所は、これまでに何度も解決に導いていきました。信頼できる老舗探偵事務所をお探しの方は、ぜひ原一探偵事務所にご相談ください。

新型コロナウイルスの感染症対策の一環として、テレビ電話での相談受付を開始!

【テレビ電話相談とは?】

  1. ほぼすべてのスマートフォンに対応しており、専用アプリのインストールや機能の追加は不要で気軽に利用できる!
  2. カメラのオフ機能を使って、顔は見せずに相談可能!
  3. 資料を見ながら対面と同様の環境で相談できる!
  4. 土日も対応、ひとりになれるタイミングができたときに相談できる!

原一探偵事務所の3つのポイント

  1. 探偵業界の3冠達成!
  2. 追加料金のない安心の料金プラン
  3. 創業44年の老舗探偵事務所

探偵業界の3冠王!創業44年の老舗探偵事務所

原一探偵事務所は、

 

  • 弁護士が選ぶ 料金トラブルが少ない探偵事務所
  • マスコミ関係者が選ぶ 結果を出せる実績ある探偵事務所
  • 調査してほしい日に調査してくれた探偵事務所

 

 

の3部門で第1位に選ばれた信頼性の高い探偵事務所です。特に原一探偵事務所のオススメポイントとして、「安心の料金体系」と「ベテランの腕」が挙げられます。

まず料金体系ですが、現在の探偵事務所は全国的に料金トラブルが発生しており、国民生活センターには年間7000件以上の電話相談が寄せられているようです。その点、原一探偵事務所は、「見積り以上の追加料金が一切発生しない」ことを約束しています。このような安心の料金システムが、原一探偵事務所の信頼性につながっているようです。

また、創業44年の老舗探偵事務所である原一には、経歴20年を超えるベテラン調査員を含め、大勢のスタッフがいます。そのため、小規模探偵事務所にはできない「チームプレイ」が可能となり(たとえば、尾行がバレそうになったら別の調査員に交代する等)、調査の成功率が極めて高いことでも有名です。

質と安全性の両方をお求めの方には、原一探偵事務所がオススメです。

料金表

調査料金
80,000円~ / 日
基本料金
40,000円
浮気調査参考価格
250,000円

原一探偵事務所の料金には、

  1. 調査時間・日数
  2. 調査員人数・調査機材代
  3. 報告書作成費
  4. 調査車両料金
  5. 諸経費

が含まれます。追加費用は一切発生しません。

MR

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
98%の高評価
料金
20,000円〜
対応地域
全国
所在地
東京都豊島区東池袋1-47-3-1F(東京本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

5年連続業界実績No.1!女性の心に寄り添うメンタルケアで顧客満足度97.4%

MRは業界最大手の探偵社であり、業界で初めて認定カウンセラーを導入したパイオニアでもあります。依頼に訪れる女性の苦悩を考慮し、クライアントに寄り添うサービスを展開。探偵・カウンセラー・弁護士の3者が協力し合うことにより、調査のみならず、クライアントのその後の人生を手厚くサポートしてくれます。このような徹底した支援体制が功を奏し、顧客満足度は97.4%を突破。その実績は5年連続業界No.1を記録しています。

探偵事務所MRの3つのポイント

  1. 年間相談15,000件の圧倒的な実績!
  2. 認定カウンセラー制度導入でレベルが高い!
  3. 弁護士が選ぶ探偵事務所1位

カウンセリングサービスのパイオニア!業界No.1を走る最大手探偵社

MRは5年連続実績No.1の記録を打ち立てた業界最大手の探偵社です。その実績は年間15,000件以上に及び、さらに「弁護士が選ぶ信頼できる探偵事務所」でも第1位に輝いています。MRはなぜそれほどの人気と信頼性を勝ち得ることができたのでしょうか?

その最大の理由といえば、「認定カウンセラー」の存在です。MRは探偵社でありながら、業界で初めてカウンセラーによるメンタルケアサービスを始めたパイオニアでもあります。

現在、大手探偵社の中にはカウンセラーを積極採用しているところもありますが、その起源はMRにありました。MRはカウンセラーによるメンタルケアを徹底することで、探偵業を終えたその後のクライアントのケアにも努めています。

特に不倫調査の多い探偵業において、不倫発覚後の夫婦のサポートは必要不可欠です。多くの場合、離婚・復縁の二択に迫られるわけですが、いずれにしても、不倫が発覚し、動揺するクライアントに決断を迫るのは難しいもの。あるいは冷静な判断ができず、後悔する可能性もあります。

MRでは認定カウンセラーが夫婦の人生相談に乗ることで、クライアントが最も幸福になれる道をサポートしてくれます。そのようなカウンセラーの存在が、MRを業界最大手にまで押し上げた最大の要因といえるでしょう。

料金表

あんしん料金パック
20,000~50,000円 / 時間(税別)

あんしん料金パックの内容

MRでは調査に必要な費用がほとんどすべて基本料金に含まれるため、追加費用の発生しないのが特徴的です。

  1. 報告書作成費用
  2. 動画・証拠写真
  3. カウンセリング
  4. 車両・燃料・交通費
  5. 特殊機材費用
  6. 調査員人件費

HAL探偵社

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
97%の高評価
料金
6,000円 / 時 ~
対応地域
全国
所在地
東京都新宿区西新宿7-22-18 オフィスK3階
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

満足度98.36%×成功率99.8%×業界最安値級!コスパ最強の探偵事務所

HAL探偵社の成功率は「99.8%」を記録しており、その調査力は他社を圧倒しています。案件の3分の1は他社で断られたり、失敗したものであり、HAL探偵事務所の能力の高さを伺うことができます。また料金は業界最安値級である「1時間6,000円」をマーク。業界初となる「後払い制」も採用しており、探偵事務所の中でもっともコストパフォーマンスに優れた存在といえます。

HAL探偵社の3つのポイント

  1. 1時間6,000円の業界最安値級
  2. 調査成功率99.8%!
  3. 安心の業界初「後払い制」

成功率99.8%!他社を圧倒する調査力

HAL探偵社の魅力は、格安の料金体系と圧倒的な調査力です。通常、探偵社の料金体系は「1日単位」の計算ですが、HALは「1時間単位」で料金を計算してくれます。また1時間単位で計算した場合、探偵社の平均料金は15,000円になりますが、HALの料金はわずか6,000円。平均の半額以下の料金に設定されており、文字通り業界最安値級をマークしています。

さらにHALでは、業界でも珍しい「後払い制」を採用しています。そのため、高額の料金を払ったのに、いい加減な仕事をされてしまった・・・というようなありがちな失敗をすることがありません。

このような安心な料金体系に加え、HAL探偵社は成功率99.8%という驚異的な調査力でも話題を呼んでいます。他社で失敗した案件を成功させることも多々あり、コストパフォーマンスの高さから、顧客満足度も98%を突破。

初心者でも安心して利用できる高品質×低価格の探偵社といえるでしょう。

料金表

浮気・不倫調査
1時間 ¥6,000〜
結婚前調査
1案件 ¥300,000〜
GPS調査
2日 ¥9,800〜
盗聴器発見調査
1案件 ¥25,000〜
企業・個人信用調査
1案件 ¥30,000〜
家出・行方調査
1案件 ¥120,000〜
ストーカー・ 嫌がらせ調査
1案件 ¥30,000〜

HAL探偵社の料金には、

  1. 人件費
  2. 車両・機材費
  3. 交通費
  4. 報告書作成費
  5. 諸経費

が含まれます。追加費用は一切発生しません。

関連記事

一覧に戻る