探偵コラム

夫婦問題2020/04/03

よくある不倫のきっかけはこれだ!定番&イマドキの9パターン

もはや「ブーム」といわれるくらいに、流行りまくっている(?)不倫報道。ニュースを見れば、連日のように誰かが不倫をしていて、ドラマのなかでも、ほとんど珍しくもない存在として、不倫がネタにされています。

実際に、日本では5人に1人くらいの割合で浮気をしているといわれており、不倫は芸能界だけでなく、一般の世の中でも、「よくあること」と考えられそうです。

しかし、ひとつ気になるのは、不倫の「きっかけ」です。もともと浮気性の人でない限り、結婚をしていれば、そう簡単にパートナーを裏切れるものではありません。よほどの「きっかけ」がなければ、離婚・慰謝料・親権の剥奪というリスクを冒してまで、不倫をしようとは思わないはずです。

はたして、一般の私たちの生活の中に、どれほどたくさんの不倫のチャンスがあるというのでしょうか?

そこでこちらの記事では、定番、そして近年になって新たに登場した不倫のきっかけについてまとめてみたいと思います。

よくある出会いのパターン

それではさっそく、「よくある不倫のきっかけ」を紹介します。

1. 職場の飲み会

不倫のきっかけとしてとくに多いのが、「職場の飲み会」です。そもそも「職場」というのは、もっとも不倫が発生しやすい場所です。ほとんどの社会人にとって、生活パターンといえば、自宅と職場の往復のみ。週末を家族と過ごすとなれば、新しい出会いなどほぼゼロといえます。

そのような中で、万が一不倫に発展するといえば、職場が上位に挙げられてもまったく不思議ではありませんよね。

職場の同僚といえば、仕事という苦しみをともに体験する仲間であり、ある種の連帯感が生まれるものです。たとえ既婚者であっても、異性に対し、まるで恋愛にも似た特別な感情を抱くことはあるでしょう。

しかし、たとえそうであっても、平常時であれば理性が働き、万が一の可能性もなんとか抑制できるものです。

ところが、飲み会となるとそうはいきません。仕事の場ではなく、お酒が入っていることもあり、たいていの人は開放的な気分になるものです。普段はサバサバした関係であったとしても、お酒を飲んで距離が縮まり、たとえばボディタッチが増えるようなこともあるかもしれません。

まして、もし互いに惹かれ合うような関係性であれば、これまで必死に押さえていた理性のタガが外れてしまうこともあるでしょう。

お互い酔っているし、夜も遅い、それに、今迫ったとしても、拒否される心配もないと分かれば、そのまま飲み会を抜け出し、二人でホテルに直行・・・ということも、極めて頻繁に起こるのです。

2. 残業

同じく、職場で起こりやすい不倫のきっかけといえば、「残業」です。仕事が終わらず、残業をした結果、いつの間にか男女が二人きりで残っていた、なんてことも、仕事をしていればよくあることです。

残業というのはもちろん辛い作業ですが、場合によってはアドレナリンが放出され、妙にテンションが上がってしまうこともあります。

また、もし相手がきになる異性であれば、夜遅く、会社で二人きりというシチュエーションに、ドキドキしてしまっても不思議はありません。

とくに二人揃って残業をしていると、不思議と連帯感も沸きやすく、互いの仕事が終わった後に、一緒に帰ろうか、ちょっと食事でもして行こうか、といった流れになることもしばしば。

もちろんお酒を飲んでしまえば、上記のような飲み会と同じパターンになりがちです。また、ただ一緒に帰るとしても、普段は会社でしか顔を合わせない人と並んで歩いたり、ぎゅうぎゅう詰めの電車で密着したり、二人きりでタクシーに乗ったりしていると、恋心のようなものが芽生えることもあります。

その日に不倫に発展しないとしても、それがきっかけとなり、互いを強く意識し合うようになる可能性は十分にあるでしょう。

そして、ふたたび残業で一緒になったりすれば、何か運命的なものを感じ、急接近することもあるかもしれません。

もし残業をした結果、終電を逃してしまった・・・なんてことになったら・・・思わずゾッとしてしまいますね。

3. 出張

職場で起こりやすいもうひとつの不倫のきっかけといえば、「出張」です。出張中に不倫をしてしまう最大の理由といえば、やはり「浮気がバレにくい環境」にあります。

家からも会社からも遠く、知り合いが周りにいない場所に行けば、万が一他の女性と一緒にいたとしても、発覚する恐れがありません。まして、一緒に出張に行った同僚となれば、なおさら言い訳の幅が広がります。

そのような開放的なシチュエーションが、心に油断を生み、一気に浮気をしやすい状態に変貌させてしまうのです。

また、男女が見知らぬ土地に来れば、それは出張ではなく、まるで旅行をしているような気になるかもしれません。仕事を終え、フリータイムに入れば、なおさら緊張は解け、互いに「旅行」を楽しみたくなるものです。

そして、やはり一緒に食事をしたり、気になる異性であれば、とっておきのデートスポットに連れて行きたくなるかもしれませんね。

そんな風にして、互いが開放的な気持ちになる中、仕事中にはみられないようなプライベートな姿を見つけたりすると、思わずドキッと気持ちが揺らいでしまうこともあります。

まして、同じホテルに泊まっていて、たとえ一緒にいたとしても、絶対にバレない環境だと分かれば・・・不倫に発展してしまう可能性は、十分にありそうですね。

4. 同窓会

昔から、「同窓会」は不倫の始まりの場所としてよく挙げられるものです。

学生自体の同級生というのは、会社の同僚や結婚相手すら知らないような、遠い昔の記憶を共有する特別な存在です。ひとは、特別な存在との出会いに、やはり特別な感情を抱きやすくなります。

とくにそれが「良い思い出」であればあるほど、(たいていの場合は美化された)記憶がよみがえり、同窓会での再会が、まるで運命的なものであったように、思わず錯覚してしまうこともあるでしょう。

また、同窓会といえば、「ギャップ」に驚く場でもあります。たとえば学生時代はあまり冴えなかった子が、とつぜん魅力的な大人に成長したりしていれば、過去の姿を知っているだけに、余計に興味を持ってしまうものです。

会話をすれば共通の話題も多く、質問したくなることもたくさんあり、自然と場は盛り上がります。もちろんお酒も飲んでいるでしょうから、ますます気分は開放的になり、昔話をするうちに、互いに既婚者であることを忘れてしまい・・・理性的な判断ができなくなる可能性もあります。

とりわけ同窓会での出会いは、「若くて可愛い子とちょっと火遊びをした」といった一時の過ちと異なり、本気になりやすい浮気のパターンでもあるので、注意が必要なのです。

5. 結婚式

結婚式といえば、誰もが結婚への熱が高まる場所であり、独身者にとっては、重要な出会いの場所として知られています。

しかし、たとえ既婚者であっても、他人の幸せそうな姿を見れば、すでに過ぎ去ってしまった恋愛の高揚感を思い出し、独身の人たちと同じように、気持ちが昂ってしまうものです。

そんなときに、滅多にない異性との出会いがあれば、相手に興味を抱くこともあるでしょう。まして、その相手も同じような感情を抱いてくれているとしたら、終わったはずの恋がふたたび始まったような気がして、理性的な行動が難しくなる可能性もあります。

とくに2次会に参加する場合は、ますますお酒も入り、気づけば二人きりの世界に浸っていることも。とりわけ、結婚式の出会いとなれば、もう二度と巡り会えない可能性すらあります。そのような特殊な環境が、ますます二人の恋心に火をつけ、一夜限りの関係へ直行させてしまうリスクがあるのです。

6. 元カレ・元カノ

たとえ結婚をしたとしても、元カレ・元カノというのは、やはり特別な存在です。文字通り、身も心も知り合った関係であり、実のところ、かつては友人以上にはるかに深い絆で結ばれた仲でもあります。

そんな元カレ・元カノと偶然の再会を果たしたり、とつぜんの連絡が来たりすると、当時の記憶が途端に湧き上がり、何かソワソワした気分になるものです。

交際中によほど相手に嫌気がさして別れたような関係ならまだしも、良い思い出の多い相手だったりすると、「今の私だったら、もっと上手く付き合えたのかな・・・」といった、ポジティブな妄想をしてしまうことも。そんなことをしている間に、ふたたび昔のような恋心が徐々に芽生え始め、互いに連絡を取り合うようになることがあるかもしれません。

元カレ・元カノの危険なところは、すでに一度肉体関係を持ってしまっているだけに、性交渉へのハードルが極めて低いことです。むしろ、過去の記憶が蘇るだけに、余計な情熱を抱いてしまう可能性すらあります。

7. 趣味・習い事

前述のように、ひとは社会人になっても、新しい出会いというものがそれほど多くありません。そのなかで、家族とも会社の同僚とも関係のない人に出会う代表的な場所といえば、趣味や習い事です。

日ごろ閉鎖的な環境で生きている人にとって、新しい人との出会いは、それだけで高揚感を与えてくれます。

また、とりわけ既婚者の多くは、家族に自分の趣味や興味を理解してもらえないものです。家族に非難を浴びながら、コソコソと週末に自分の好きなことをしている人も少なくないでしょう。

一方で、趣味や習い事をしている場には、もちろん自分と同じように、それが好きな人だけが集まってきます。パートナーとは話すらできないことも、一緒に楽しめる関係が、そこにあるのです。

もしそれが、自分好みの異性であったとすれば、自然と恋心を抱いてしまうこともあるかもしれません。

結婚をすると、性欲以上に、充実した心の関係を求めてしまうものなのです。

8. 出会い系アプリ・SNS

イマドキの不倫といえば、出会い系アプリやSNSを通じた出会いが代表的です。昔と違い、SNSが普及している現在は、「知らない人」と連絡を取り合うことが容易になりました。

Twitterで互いにコメントをし合っているうちに、すっかり打ち解けて、実際に会ってみませんか、といった流れになることもあります。

また、昔からある出会い系サイトも、アプリになってから、出会える可能性が上がったと言われているようです。一昔前は、出会い系サイトを利用するにも、自宅の共有のパソコンを使用しなければならず、既婚者にとってはハードルの高いものでした。

しかし近年は、スマホがあれば簡単にアクセスできるため、出会いのチャンスが飛躍的に向上したのです。

もちろん、たいていの人は体の関係を前提としているため、出会いが成功すれば、かなりの高確率でそのまま不倫関係に突入します。

また、万が一体の関係を求めたおらず、「ちょっと一緒にお茶が飲めるくらいの仲でいいんだけど・・・」くらいの気持ちであったとしても、実際に気の合う異性と会えば、気持ちが解放的になり、そのうちにお酒の力も借りて、やはりホテルに直行・・・なんてことも十分にあり得るのです。

9. 子供の送り迎え

イマドキという意味では、男性の子育てが一般的になったこともあり、子供の送迎というのも、意外な不倫の始まりの場所として認知されるようになりました。

これまでは、子育てといえば女性がするものであり、仲の良いママ友であっても、旦那さんに会ったことがない、ということもよくありました。

しかし近年は男性も積極的に育児に参加するようになり、たとえば子供の送迎の際に、既婚者の男女が知り合う可能性も増えたのです。

互いに子育てや結婚生活の苦労を語るなかで、意気投合し、そのまま恋心を抱いてしまうこともあるでしょう。

もちろん子供の送迎に限らず、男性が育児に積極的になればなるほど、子育ての場に男女が集う機会も増えていきます。

ある意味、男女平等の世界が生んだ、意外すぎる弊害かもしれませんね。

不倫の証拠がほしいときはどうするの?

パートナーが不倫をしているとしても、客観的な証拠がなければ、離婚をしたり、慰謝料を請求することはほぼ不可能です。

そして、不倫の客観的な証拠を集めるためには、事実上唯一の調査機関である「探偵」に依頼するしかありません。

探偵といえば、グレーな業界として知られていますが、実際には風通りの良いクリーンな会社もたくさんあります。

大手探偵社の場合は、凄腕の調査員はもちろん、提携の弁護士や常駐のカウンセラーもいるため、安心して調査を依頼することができます。

初めてなので良い探偵社の区別ができないという人は、当サイトがオススメする次の3社をチェックしてみてください。

どれも大手企業で信頼性が高く、提携の弁護士もいるため、法的サポートもバッチリです。

原一探偵事務所

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
100%の高評価
料金
120,000円〜
浮気調査
参考価格
250,000円
対応地域
全国
所在地
埼玉県川越市上寺山2-1(本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

調査の基本はチームプレイ!年間相談件数5万件以上の成功実績を持つ老舗探偵事務所
さらに、電話での無料相談も24時間受付中! >>【0120-26-0134

創業45年を超える原一探偵事務所は、年間相談件数5万件以上の成功実績を持つ業界随一の老舗探偵事務所です。原一では調査の成功率を高めるため、常にチームで行動し、調査対象を隙なく監視します。他の事務所では引き受けてもらえない、または失敗した案件であっても、経験豊富な原一探偵事務所は、これまでに何度も解決に導いていきました。信頼できる老舗探偵事務所をお探しの方は、ぜひ原一探偵事務所にご相談ください。

新型コロナウイルスの感染症対策の一環として、テレビ電話での相談受付を開始!

【テレビ電話相談とは?】

  1. ほぼすべてのスマートフォンに対応しており、専用アプリのインストールや機能の追加は不要で気軽に利用できる!
  2. カメラのオフ機能を使って、顔は見せずに相談可能!
  3. 資料を見ながら対面と同様の環境で相談できる!
  4. 土日も対応、ひとりになれるタイミングができたときに相談できる!

原一探偵事務所の3つのポイント

  1. 探偵業界の3冠達成!
  2. 追加料金のない安心の料金プラン
  3. 創業44年の老舗探偵事務所

探偵業界の3冠王!創業44年の老舗探偵事務所

原一探偵事務所は、

 

  • 弁護士が選ぶ 料金トラブルが少ない探偵事務所
  • マスコミ関係者が選ぶ 結果を出せる実績ある探偵事務所
  • 調査してほしい日に調査してくれた探偵事務所

 

 

の3部門で第1位に選ばれた信頼性の高い探偵事務所です。特に原一探偵事務所のオススメポイントとして、「安心の料金体系」と「ベテランの腕」が挙げられます。

まず料金体系ですが、現在の探偵事務所は全国的に料金トラブルが発生しており、国民生活センターには年間7000件以上の電話相談が寄せられているようです。その点、原一探偵事務所は、「見積り以上の追加料金が一切発生しない」ことを約束しています。このような安心の料金システムが、原一探偵事務所の信頼性につながっているようです。

また、創業45年の老舗探偵事務所である原一には、経歴20年を超えるベテラン調査員を含め、大勢のスタッフがいます。そのため、小規模探偵事務所にはできない「チームプレイ」が可能となり(たとえば、尾行がバレそうになったら別の調査員に交代する等)、調査の成功率が極めて高いことでも有名です。

質と安全性の両方をお求めの方には、原一探偵事務所がオススメです。

料金表

調査料金
80,000円~ / 日
基本料金
40,000円
浮気調査参考価格
250,000円

原一探偵事務所の料金には、

  1. 調査時間・日数
  2. 調査員人数・調査機材代
  3. 報告書作成費
  4. 調査車両料金
  5. 諸経費

が含まれます。追加費用は一切発生しません。

さくら幸子探偵事務所

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
99%の高評価
料金
1時間2,000円~
対応地域
全国
所在地
札幌市中央区南1条東2丁目8-1 サンシティビル3F
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

相談実績100,000件以上!創業31年の老舗探偵事務所
さらに、電話での無料相談も24時間受付中! >>【0120-569-015

さくら幸子探偵事務所は、創業31年を誇り、全国に15社をかまえる大手老舗探偵事務所です。相談実績はすでに10万件を超えており、浮気調査や人探しなど、あらゆる相談に対応してくれます。さくら幸子探偵事務所は専属のカウンセラーが在籍し、調査のみならず、クライアントの精神的なサポートにも注力しています。また老舗い企業ということもあり、調査歴の長いベテラン調査員が多いところも、魅力の一つといえます。

さくら幸子探偵事務所の5つのポイント

  1. 創業31年の老舗探偵事務所
  2. 相談実績10万件以上
  3. 全国に15社を構える大手探偵社
  4. 専門のカウンセラーが在籍している
  5. ベテラン調査員が多い

料金表

調査料金(1日)
50,000円~
浮気調査・不倫調査
基本料金 50,000円
人探し・所在調査
基本料金 30,000円
家出調査
基本料金 50,000円
結婚調査・信用調査
基本料金 30,000円
盗聴器発見調査
基本料金 30,000円
ストーカー対策
基本料金 30,000円

あい探偵

  • 浮気調査
オススメ度
98%の高評価
料金
2,500円〜
対応地域
全国
所在地
東京都港区南青山2-2-8(東京本社)
受付時間
10:00 - 20:00
定休日
なし

業界最安値×弁護士推奨の不倫調査特化型探偵事務所

あい探偵は創業24年を誇る中堅探偵事務所であり、浮気・不倫調査に特化した探偵社でもあります。その調査実績は80,000件を超え、圧倒的な調査能力・証拠収集能力で話題を呼んでいます。あい探偵は調査後のフォローも徹底しており、多数の弁護士と提携することで、クライアントの離婚問題も手厚くサポートしてくれます。しかも料金は業界最安値の1時間2500円。さらに完全成功報酬型なので、安心して利用することができます。

あい探偵の3つのポイント

  1. 業界最安値1時間2,500円!
  2. 不倫・浮気調査に特化した探偵事務所
  3. 弁護士も推奨する安心のサービス

業界最安値の1時間2500円!弁護士推奨の探偵事務所

あい探偵は創業24年、約80,000件の実績を持つ中堅探偵事務所のひとつです。あい探偵は浮気・不倫調査に特化しており、不倫調査の証拠収集力は探偵社の中でも特に優れています。

あい探偵の特徴は、多数の弁護士と提携していることです。そもそも浮気・離婚調査は、調査のみで完結する問題ではありません。むしろ調査結果が出てからが本番であり、クライアントは人生の大きな岐路に立たされます。

あい探偵は弁護士やカウンセラーと強く結びつくことで、クライアントの精神的なフォローをしつつ、法的措置が必要になった場合に備え、弁護士のサポートも受けられる体制を整えています。

このような調査力・充実したアフターフォローを備えているにもかかわらず、あい探偵の料金は1時間2500円と業界最安値を記録。さらに完全後払い制を採用しているため、安心して利用することができます(通常後払い制の探偵社は料金が高くなるため、あい探偵の対応は異例中の異例といえます)。

浮気・不倫調査の依頼をしたい方、さらに精神的フォローや調査後の法的アドバイスを受けたい方は、ぜひあい探偵をご利用ください。

料金表

調査料金
2,500円 / 時間(税別)

あい探偵の料金は、「完全成功報酬制度」かつ「料金完全後払い制度」を採用しています。調査が成功した場合のみ料金が発生し、またすべて後払いとなるため、着手金の発生はありません。また追加料金の請求もないため、事前のお見積金額以上の料金も発生しません。

関連記事

一覧に戻る