探偵コラム

浮気調査・不倫調査2019/11/25

セックスレスで慰謝料を請求できる?セックスレスのせいで不倫するのはNG?

はじめのうちは深く愛し合っていた夫婦も、時が経つにつれ次第に夜の営みは減り、やがてセックスレスになってしまうことがあります。セックスの回数が減ってしまうこと自体は仕方がないかもしれませんが、完全に機会がなくなってしまうのは問題です。

夜の営みは男女問わず必要なことですし、それが失われてしまうことで、強いストレスを抱えてしまうこともあります。場合によっては、それを理由に離婚に発展してしまうこともあります。

しかしその場合に気になるのは、そもそもセックスレスが離婚の原因になりうるのか、そしてなりうる場合、慰謝料を請求することは出来るのか。さらに、パートナーのセックスレスを理由に不倫をしてしまった場合、違法行為に該当してしまうのか、といった点です。

そこでこちらの記事では、セックスレスと離婚、慰謝料等についてまとめてみたいと思います。

セックスレスは離婚の原因になりうるのか?

セックスレスに関する慰謝料について述べる前に、そもそもセックスレスが離婚の原因となるかどうかについて確認する必要があります。まず民法において、離婚の原因となる自由は以下のように定められています。

民法第770条
1 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
2  裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

条項を見る限り、具体的にセックスレスを指しているものはありません。しかし、判例上は一項五号「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当する可能性があるとされています。

「民法770条1項5号の『その他、婚姻を継続し難い重大な事由があるとき』に該当するかにつき検討するに、『婚姻を継続し難い重大な事由』とは、婚姻中における両当事者の行為や態度、婚姻継続の意思の有無など、当該の婚姻関係にあらわれた一切の事情からみて、婚姻関係が深刻に破綻し、婚姻の本質に応じた共同生活の回復の見込がない場合をいい、婚姻が男女の精神的・肉体的結合であり、そこにおける性関係の重要性に鑑みれば、病気や老齢などの理由から性関係を重視しない当事者間の合意があるような特段の事情のない限り、婚姻後長年にわたり性交渉のないことは、原則として、婚姻を継続し難い重大な事由に該るというべきである。」

京都地判昭和62年5月12日判時1259号92頁

そのため、セックスレスが続く場合には、それを理由に離婚を主張することができます。ただし、これは必ずセックスレスが離婚の事由になるという意味ではありません。次の判例の一文を見ると、その趣旨が分かります。

「しかしながら,婚姻における夫婦の関係は,世の中にある夫婦の数だけその有り方が異なり,まさにケイス・バイ・ケイスの姿勢で事案の解明に努める必要があるのであって,夫婦の関係を静態的なものと錯覚し,外見上目につき易い行動や状況を取り上げてこれを既存のパターンに無理に当てはめることは厳に慎むべきことである。」

山野井勇作「判批」判タ852号127頁(1994年)

何をもって良い夫婦、幸せな夫婦というかは、結局のところ主観的な問題です。仮にセックスレスであったとしても、耐えがたいほどの苦痛感じる夫婦もあれば、あまり重要でないと考える夫婦もいます。

そのため、セックスレスが必ず離婚の事由に該当するという訳ではありませんし、さらにいえば、セックスレスの定義自体も曖昧です。つまり、どれだけの期間にセックスがなければセックスレスと呼ぶのか、という点について、明確な定義がないのです。これもやはり主犯的な意見に左右される点が多く、判断基準については個別の裁判にゆだねられることになります。

ただし、いずれにしてもセックスレスが離婚の理由になり得るという事実だけは間違いありません。

セックスレスで慰謝料を請求できるのか?

セックスレスが離婚の理由になりうることは分かりました。では、セックスレスを理由に離婚をした場合、慰謝料を請求することは出来るのでしょうか。

そもそも離婚における慰謝料とは、パートナーから受けた肉体的・精神的苦痛(損害)に対する賠償金として支払われるものです。そしてセックスレスも、性交渉を拒まれることによる精神的損害に当たるため、慰謝料を請求することができるといわれています。

そしてセックスレスが離婚の原因となった場合には、相場としておよそ100万円程度の慰謝料を請求できるとされています(不倫による離婚の場合は200~300万円程度)。ただしこれはあくまで相場であるため、パートナーの社会的地位や経済力、子どもの有無、結婚期間、セックスレスの程度、パートナーの悪意の有無等により金額は変化します。

セックスレスを理由に不倫をしたら違法になるのか?

セックスレスにより、精神的苦痛を追うことは間違いなく、離婚や慰謝料請求の理由になりうることは間違いありません。では、セックスレスが続いたことにより、もし被害者側が不倫をしてしまった場合には、それは不貞行為に該当するのでしょうか。

不当にセックスを拒まれれば、性欲はたまっていきます。もちろん、だからといって不倫をすることは倫理的に許されることではありません。しかしパートナーがそれを許してくれないために、苦痛を抱え、追い詰められてしまったことも確かです。もしパートナーが拒まなければ、つまり普通の夫婦生活を続けてくれさえすれば不倫をする必要がなかったと考えれば、必ずしも本人だけに責任があるようにも思えません。

では、法律上はどのように判断されるのでしょうか。残念ながら法的な観点では、たとえふ頭に性交渉を拒まれていたとしても、別の相手とセックスをした時点で、それは不貞行為とみなされてしまいます。

「妻が(夫が)相手にしてくれないから、仕方なく他の人と肉体関係を持った」という言い訳は通用しないということです。そのため、不倫をした以上、パートナーにはそれを理由に離婚を主張することもできますし、不倫されたことを理由に慰謝料を請求することもできます。

ただしこの場合には、前述のセックスレスの慰謝料分を相殺することができます。言い方を変えれば、法的な観点から言っても、セックスレスと不倫の関係をまったく否定しているわけではないことになります。

セックスレスの原因

では、そもそもどうしてセックスレスになってしまうのでしょうか。結婚をした以上、法的にも倫理的にも、互いが唯一の性交渉の相手になるにもかかわらず、それを拒んでしまうのには、それなりの大きな理由があるはずです。そこで、セックスレスの原因について考えてみましょう。

1. 仕事・子育てが忙しい

まず大きな理由の一つに、そもそも忙しくてセックスをしている余裕がない、というケースがあります。仕事や子育てが忙しく、朝から晩まで働いている人たちは、身体の芯まで疲労がたまっています。ようやく夜遅く帰ってきて、明日も朝早いという中で、セックスを求められても、気が乗らないのは不思議でありません。いくら性欲の強い男性であっても、身体を動かす気になれず、どうしてもという場合には、自分で済ませてしまうこともあります。

とくに近年は夫婦共働き世帯が多く、お互いに疲れているため、ますますお互いのタイミングが掴みづらくなります。一方がその気のときは他方はそうでなく、そんなことを繰り返しているうちに、長期的なセックスレスに突入してしまうことも多いようです。

2. パートナーを異性として見られなくなった

結婚生活も長く続くと、かつてのような若々しい恋愛感情も訪れ、「家族」の一員としてパートナーをみるようになります。これ自体は大変すばらしいことですが、家族になってしまったゆえに、性の対象として魅力を感じづらくなるというのはよくあることです。

とくに、結婚をするとある種の「油断」のようなものが生まれます。恋人時代は相手に好かれようと容姿にこだわっていたのに、結婚した途端にその意欲を失い、だらしない姿ばかりを相手に見せるようになることもしばしば。もちろん家庭はくつろげる場であり、気を貼る必要はありませんが、そのような姿ばかりを見ていては、どうしても性の対象という意識は失ってしまうものです。

3. 性機能が衰える

これは特に男性に多いケースですが、男性は年齢とともにどんどん性機能が衰えていきます。女性は40代頃まで性欲が上昇していくのに対し、男性は逆に、30代を過ぎるとどんどん低下していくのです。このような性機能の衰えは、男性からはなかなか口にしづらいこともあり(または自覚がないために)、単にやる気がない、気分が乗らないという言葉で処理されてしまいます。

セックスレスにならないための対策法

セックスレスは多忙やマンネリが要因となることが多いようですが、それではセックスレスにならないため、私たちはどのような対策ができるのでしょうか。

1. オシャレに気を遣う

忙しさをコントロールことはなかなか難しいので、まずは異性としての魅力を磨くことが大切です。言ってみれば、疲れていてもしたくなるような自分でいることが大切です。

服装も、性的魅力を感じさせるような恰好をすると良いでしょう。女性の場合は、女性ではなく男性目線で選んでみるのもいいかもしれません。

また服装だけでなく、ダイエットをするなど、体形に対する気配りも必要でしょう。

2. スキンシップを取る

セックスレスになる夫婦は、そもそもスキンシップの足りない傾向があります。まずは昔のように手をつないだり、腕を組むことから始めてみましょう。肉体的な接触が増えることにより、精神的な距離も近づき、以前のような親密さを取り戻せるかもしれません。

3. ストレス解消をする

忙しくて疲労がたまっていると、セックスをしようと思うだけの精神的余裕がなくなってしまいます。そのため、短いスパンでストレス解消を測ることが大切です。休日にウォーキングやジョギングをしたり、感動する映画を見て泣いたり、カラオケに行ったり、ゆっくりお風呂に浸かるのも良いでしょう。いずれにしても、心の余裕が生まれることで、性に対する興味も再び湧いてくるはずです。

4. デートをする

二人暮らしの夫婦はもちろん、とくに子どもや親と同居している場合は、二人きりでデートをすることをおすすめします。可能であれば、ホテルつきのデートが最適です。

ただし、いつもと同じ場所、同じようなデートではマンネリしてしまうため、少し違ったデートを目指してみましょう。違う場所に行ったり、少し遠出すると良いかもしれません。

セックスレスのせいで不倫したいと考える人の割合

では最後に、セックスレスにまつわるデータについておさらいしておきましょう。某既婚者向け交流サイトの調査によると、不倫に走る動機として、なんと55%の女性がセックスレスを選んでいることが分かっています。

もちろん限定的な意見ではありますが、不倫をする女性の半分以上がセックスレスを理由としていることからも、セックスレスの影響が非常に大きいことは間違いありません。セックスレスは離婚理由や慰謝料請求の理由にもなりますが、それだけでなく、根本的に夫婦生活を破綻させる原因にもなります。

セックスレスに悩んでいる方、またはパートナーを悩ませている方は、改めてセックスレスについて深く考えてみるようにしましょう。

まとめ

セックスレスと離婚、慰謝料の関係について分かりましたか?

場合によっては、セックスレスを理由にパートナーに不倫をされてしまった人もいるかもしれません。その場合は、不倫の証拠をつかむことが大切です。そうでなければ、一方的にセックスレスを理由に離婚されたり、慰謝料を請求される可能性もあります。そのため、不倫被害のある場合には、探偵に依頼し、証拠を入手してもらうようにしましょう。

以下の探偵社は、当サイトおすすめの信頼できる探偵事務所です。不倫調査の実績も豊富なので、ぜひ一度チェックしてみてください。

原一探偵事務所

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
100%の高評価
料金
120,000円〜
浮気調査
参考価格
250,000円
対応地域
全国
所在地
埼玉県川越市上寺山2-1(本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

調査の基本はチームプレイ!11万件以上の成功実績を持つ老舗探偵事務所
さらに、電話での無料相談も24時間受付中! >>【0120-26-0134

創業44年を超える原一探偵事務所は、11万件以上の成功実績を持つ業界随一の老舗探偵事務所です。原一では調査の成功率を高めるため、常にチームで行動し、調査対象を隙なく監視します。他の事務所では引き受けてもらえない、または失敗した案件であっても、経験豊富な原一探偵事務所は、これまでに何度も解決に導いていきました。信頼できる老舗探偵事務所をお探しの方は、ぜひ原一探偵事務所にご相談ください。

新型コロナウイルスの感染症対策の一環として、テレビ電話での相談受付を開始!

【テレビ電話相談とは?】

  1. ほぼすべてのスマートフォンに対応しており、専用アプリのインストールや機能の追加は不要で気軽に利用できる!
  2. カメラのオフ機能を使って、顔は見せずに相談可能!
  3. 資料を見ながら対面と同様の環境で相談できる!
  4. 土日も対応、ひとりになれるタイミングができたときに相談できる!

原一探偵事務所の3つのポイント

  1. 探偵業界の3冠達成!
  2. 追加料金のない安心の料金プラン
  3. 創業44年の老舗探偵事務所

探偵業界の3冠王!創業44年の老舗探偵事務所

原一探偵事務所は、

 

  • 弁護士が選ぶ 料金トラブルが少ない探偵事務所
  • マスコミ関係者が選ぶ 結果を出せる実績ある探偵事務所
  • 調査してほしい日に調査してくれた探偵事務所

 

 

の3部門で第1位に選ばれた信頼性の高い探偵事務所です。特に原一探偵事務所のオススメポイントとして、「安心の料金体系」と「ベテランの腕」が挙げられます。

まず料金体系ですが、現在の探偵事務所は全国的に料金トラブルが発生しており、国民生活センターには年間7000件以上の電話相談が寄せられているようです。その点、原一探偵事務所は、「見積り以上の追加料金が一切発生しない」ことを約束しています。このような安心の料金システムが、原一探偵事務所の信頼性につながっているようです。

また、創業44年の老舗探偵事務所である原一には、経歴20年を超えるベテラン調査員を含め、大勢のスタッフがいます。そのため、小規模探偵事務所にはできない「チームプレイ」が可能となり(たとえば、尾行がバレそうになったら別の調査員に交代する等)、調査の成功率が極めて高いことでも有名です。

質と安全性の両方をお求めの方には、原一探偵事務所がオススメです。

料金表

調査料金
80,000円~ / 日
基本料金
40,000円
浮気調査参考価格
250,000円

原一探偵事務所の料金には、

  1. 調査時間・日数
  2. 調査員人数・調査機材代
  3. 報告書作成費
  4. 調査車両料金
  5. 諸経費

が含まれます。追加費用は一切発生しません。

MR

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
98%の高評価
料金
20,000円〜
対応地域
全国
所在地
東京都豊島区東池袋1-47-3-1F(東京本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

5年連続業界実績No.1!女性の心に寄り添うメンタルケアで顧客満足度97.4%

MRは業界最大手の探偵社であり、業界で初めて認定カウンセラーを導入したパイオニアでもあります。依頼に訪れる女性の苦悩を考慮し、クライアントに寄り添うサービスを展開。探偵・カウンセラー・弁護士の3者が協力し合うことにより、調査のみならず、クライアントのその後の人生を手厚くサポートしてくれます。このような徹底した支援体制が功を奏し、顧客満足度は97.4%を突破。その実績は5年連続業界No.1を記録しています。

探偵事務所MRの3つのポイント

  1. 年間相談15,000件の圧倒的な実績!
  2. 認定カウンセラー制度導入でレベルが高い!
  3. 弁護士が選ぶ探偵事務所1位

カウンセリングサービスのパイオニア!業界No.1を走る最大手探偵社

MRは5年連続実績No.1の記録を打ち立てた業界最大手の探偵社です。その実績は年間15,000件以上に及び、さらに「弁護士が選ぶ信頼できる探偵事務所」でも第1位に輝いています。MRはなぜそれほどの人気と信頼性を勝ち得ることができたのでしょうか?

その最大の理由といえば、「認定カウンセラー」の存在です。MRは探偵社でありながら、業界で初めてカウンセラーによるメンタルケアサービスを始めたパイオニアでもあります。

現在、大手探偵社の中にはカウンセラーを積極採用しているところもありますが、その起源はMRにありました。MRはカウンセラーによるメンタルケアを徹底することで、探偵業を終えたその後のクライアントのケアにも努めています。

特に不倫調査の多い探偵業において、不倫発覚後の夫婦のサポートは必要不可欠です。多くの場合、離婚・復縁の二択に迫られるわけですが、いずれにしても、不倫が発覚し、動揺するクライアントに決断を迫るのは難しいもの。あるいは冷静な判断ができず、後悔する可能性もあります。

MRでは認定カウンセラーが夫婦の人生相談に乗ることで、クライアントが最も幸福になれる道をサポートしてくれます。そのようなカウンセラーの存在が、MRを業界最大手にまで押し上げた最大の要因といえるでしょう。

料金表

あんしん料金パック
20,000~50,000円 / 時間(税別)

あんしん料金パックの内容

MRでは調査に必要な費用がほとんどすべて基本料金に含まれるため、追加費用の発生しないのが特徴的です。

  1. 報告書作成費用
  2. 動画・証拠写真
  3. カウンセリング
  4. 車両・燃料・交通費
  5. 特殊機材費用
  6. 調査員人件費

HAL探偵社

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
97%の高評価
料金
6,000円 / 時 ~
対応地域
全国
所在地
東京都新宿区西新宿7-22-18 オフィスK3階
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

満足度98.36%×成功率99.8%×業界最安値級!コスパ最強の探偵事務所

HAL探偵社の成功率は「99.8%」を記録しており、その調査力は他社を圧倒しています。案件の3分の1は他社で断られたり、失敗したものであり、HAL探偵事務所の能力の高さを伺うことができます。また料金は業界最安値級である「1時間6,000円」をマーク。業界初となる「後払い制」も採用しており、探偵事務所の中でもっともコストパフォーマンスに優れた存在といえます。

HAL探偵社の3つのポイント

  1. 1時間6,000円の業界最安値級
  2. 調査成功率99.8%!
  3. 安心の業界初「後払い制」

成功率99.8%!他社を圧倒する調査力

HAL探偵社の魅力は、格安の料金体系と圧倒的な調査力です。通常、探偵社の料金体系は「1日単位」の計算ですが、HALは「1時間単位」で料金を計算してくれます。また1時間単位で計算した場合、探偵社の平均料金は15,000円になりますが、HALの料金はわずか6,000円。平均の半額以下の料金に設定されており、文字通り業界最安値級をマークしています。

さらにHALでは、業界でも珍しい「後払い制」を採用しています。そのため、高額の料金を払ったのに、いい加減な仕事をされてしまった・・・というようなありがちな失敗をすることがありません。

このような安心な料金体系に加え、HAL探偵社は成功率99.8%という驚異的な調査力でも話題を呼んでいます。他社で失敗した案件を成功させることも多々あり、コストパフォーマンスの高さから、顧客満足度も98%を突破。

初心者でも安心して利用できる高品質×低価格の探偵社といえるでしょう。

料金表

浮気・不倫調査
1時間 ¥6,000〜
結婚前調査
1案件 ¥300,000〜
GPS調査
2日 ¥9,800〜
盗聴器発見調査
1案件 ¥25,000〜
企業・個人信用調査
1案件 ¥30,000〜
家出・行方調査
1案件 ¥120,000〜
ストーカー・ 嫌がらせ調査
1案件 ¥30,000〜

HAL探偵社の料金には、

  1. 人件費
  2. 車両・機材費
  3. 交通費
  4. 報告書作成費
  5. 諸経費

が含まれます。追加費用は一切発生しません。

関連記事

一覧に戻る