探偵コラム

家出2019/09/30

妻が家出をした場合の捜索方法や家出の理由について

ホームドラマを見ていると、家に帰ったら妻がいなくなっていた、ダイニングテーブルの上に書き置きがあった、なんてシーンが出てくることもありますよね。一般の人にとって、このような状況にめぐり合うことは稀かもしれませんが、しかし実際には、奥さんが家出をした経験のあるご家庭は、決して少なくないようです。

もちろん、それがちょっとしたケンカの果てのごく一時的な家出であって、すぐに何事もなかったかのように日常を取り戻す場合もあります。しかし、家出は夫が考えているような「一時の感情」という簡単なものでないことも多いのです。妻の側は修復が不可能と思えるほどの深い溝を抱えているために、家出が長期化したり、場合によってはそのまま離婚に発展する可能性もあります。

また家出の理由も多岐に渡るため、そもそも奥さんの居場所を探し当てたり、説得することも一筋縄にはいきません。

そこでこちらの記事では、妻が家出をする理由や探し方、妻に帰宅してもらうため夫がすべきことについてまとめてみたいと思います。

妻が家出をする理由

奥さんが家出をする理由には、さまざまなものがあります。奥さんの心理を理解し、居場所を探したり帰宅を促したりするためには、何よりも家出をした理由を正確につかんでおく必要があります。そこでまずは、奥さんが家出をする主な理由をいくつか挙げてみたいと思います。

1. 喧嘩をしたから

家出の理由そのものというより、きっかけとなるのはやはり夫婦喧嘩でしょう。ケンカをした翌日に家に帰ってみたら、妻の姿がなかった、書き置きがあったなどというケースはやはり多いようです。

夫婦がケンカをすること自体は珍しいことではありませんし、一時的に感情的になってしまうこともあります。もし家出が、単なる一時的な感情の結果であって、その後すぐに帰宅するようなものであれば、あまり深刻になる必要はないかもしれません。

しかし、問題はそうでない場合、つまりケンカはあくまで表面化したものであり、実際には奥さんが長年にわたり不満を抱えていて、それが偶然にそのタイミングで爆発してしまった、という場合もあります。

このようなケンカの場合、つい夫の側は「一時的なもの」「ちょっとしたケンカ」程度に考えてしまうかもしれませんが、妻の側は「もう耐え切れない」「修復不可能」と考えるほどに、大きな傷を抱えていることもあります。その結果家出をした場合には、すぐに帰ってくるといった淡い希望は持たずに、すぐに探す努力をすべきでしょう。

2. 家事・育児に非協力的だから

夫に対する不満として特に多いのが、家事や育児に対する価値観の違いです。現在は夫が家庭に協力的であるべきという風潮が高まり、とりわけ若い世代では、家事や育児に協力する男性が増加しているようです。しかし、中高年の世代や一部の若い世代では、いまだに家事・育児は女性の仕事と考えている人、または平等と考えてはいるものの、実際にまったく行動に移せていない男性が多いのも事実です。

近年は女性の社会進出も進んでいるため、そもそも女性が家にいないことが大半です。そのような状況下で、つまり夫婦共働きであるにもかかわらず、夫が家事や育児に非協力的となれば、不満が溜まって当然です。もちろん、たとえ専業主婦だとしても、少なくとも週末は平等に扱われるべきでしょうし、たまに家事に気を向けたと思ったら、ココが汚い、料理がマズイと文句を言う、育児に興味を示さないくせに、子どもが問題を起こしたら妻のせいにする、などといった昭和的な夫像を前面に出されれば、ストレスは蓄積されていきます。

いくら忍耐強い女性であったとしても、長年の鬱憤がたまりにたまり、何らかのきっかけで爆発してしまうこともあるでしょう。その結果の家出となれば、夫が深く反省するまで、帰宅は困難と考えるべきです。

3. その他の不満があるから

家事や育児の問題以外にも、赤の他人が一緒に暮らしている以上、不満は発生するものです。節々に渡る価値観の違い、趣味の違いからはじまり、性生活に対する不満もあるかもしれません。

なかには、寂しさと表現すべきものもあるかもしれません。結婚する前、または結婚当初は自分のことをたくさん気にしてくれていたのに、時が経つにつれ、愛情表現が少なくなった、容姿をほめてくれることもなくなった、求めてくれることもなくなった、言い方を変えれば、女性としてみてもらえなくなった、という状況において、さびしさから不満を募らせることもあります。もちろんそれは、男性も同じかもしれません。

価値観のずれを解消するためには、互いにコミュニケーションをとり続けるしかありません。仕事で忙しいから、面倒くさいからなどと先送りにしていると、取り返しのつかないことになるかもしれません。

4. 離婚を前提とした別居をしたいから

妻の側がすでに離婚を考えており、そのための準備として別居をする可能性もあります。このような場合、妻としては(夫が気づかぬうちに)すでに関係の修復は不可能と判断し、離婚を前提として生活を計画しているため、もはや「手遅れ」の状態に陥っているかもしれません。夫としては、こうなる前に手を打っておきたいところです。

5. DV / モラハラがあったから

夫からDVを受けているために、家出をするケースがあります。DVは犯罪行為になるため、基本的に妻に近づくことはできませんし、そうすべきでもありません。妻のことや離婚のことを考える以前に、まずはDVをしている自分の問題を自覚すべきでしょう。

また、見えない暴力といわれるモラハラも同様です。手を挙げているわけではないから、という甘い考えからモラハラをはたらく男性は大勢いますが、モラハラが認識されている現代社会では、DVと同様の扱いを受けることを自覚しましょう。

6. 夫が浮気をしているから

夫が浮気をしているために、家出をした可能性もあります。この場合、夫に浮気を止めてほしいという意思表示の場合もあれば、すでに夫婦関係は破綻していると捉え、前述のように離婚を前提としている可能性もあります。離婚を前提としている場合、浮気の事実が証明されれば妻側から離婚を申し立て、慰謝料を請求することもできます。

7. 妻が浮気をしているから

前述とは逆に、妻の側が浮気をしていて、駆け落ち同然に家出をしてしまうこともあるようです。

8. 同居人に耐え切れないから

姑との関係や親の介護に耐え切れず、家出をしてしまうという可能性もあります。妻にとって、夫の家族は赤の他人であり、一緒に暮らすだけでもストレスになるものです。そのうえ、確執や介護問題があれば、家出をしたくなるのも無理はありません。特に夫の支援を得られない場合には、孤立無援状態となり、一層の孤独を感じている可能性もあります。

9. 借金の取り立てに耐え切れないから

一般的なケースではありませんが、夫が借金を抱え、借金の取り締まりに耐え切れなくなり、家を出てしまう、特に子どもがいる場合には子どもと一緒に家出をしてしまう、ということもあるようです。

妻が家出をした時に取るべき行動・探し方

では、実際に妻が家出をしてしまった場合、どのようにして妻を探せば良いのでしょうか?家出人を探す代表的な方法をまとめてみました。

1. 連絡を取る

まずは妻の携帯電話に連絡をしてみましょう。恐らく連絡が通じない場合が大半でしょうが、連絡が通じた場合のために、以下の注意事項を覚えておいてください。

何より大切なことは、妻を責めないことです。妻は基本的に、夫に問題があるために家出をしているのです。その問題の根源である夫に責められる筋合いはありません。そのため、絶対に感情的にならず思い当たる節がある場合には深く反省すること、分からない場合でも、話し合ってちゃんと反省したいという旨を伝えるようにしましょう。どうしても妻が今すぐ帰りたくないという場合には、落ち着いたら連絡がほしい、待ってるから、と優しく伝えてあげてください。

これは電話に限った話ではありません。電話が通じない場合に、LINE等で連絡を取るかもしれませんが、その場合も同様の注意が必要です。特に文字の場合は温度感が伝わらず、いらぬ誤解を招いてしまうことがあるため、余計に注意しましょう。

2. 妻の持ち物を確認する

家出のタイプや居場所の手掛かりを見つけるために、妻の持ち物を探しましょう。

真っ先に注意したいのが、
① 失踪宣告書(いわゆる書き置き)
② 衣服・生活用品(化粧道具など)
です。

というのも、そもそも妻がいないという状況だけでは、家出なのか事件に巻き込まれているのか判断することができません。もし書き置きがあれば、少なくとも家出であることは分かります。また妻の衣服が減っている、化粧品がない、仕事用品がない、などという場合も、家出を目的としていると判断できます。

万が一どちらも当てはまらない場合は、早急に友人や職場に連絡し、それでも行方が分からないときには、1秒でも早く警察に届け出るようにしましょう。

逆に明らかに家出と分かる場合には、妻の手帳、共有のPCの履歴、ゴミ箱の中の資料等から居場所の手掛かりが見つかるかもしれません。

3. 実家、友人宅に連絡する

妻の行きそうな場所に連絡を取ってみましょう。もっとも多いのが仲の良い友人のところ、ついで実家です。実家は妻にとって最も安全な場所ではありますが、逆に家族への気遣いから避けることも少なくありません。むしろ、実感に家出をしている場合には、かなり本気であることが分かります。

4. 妻のSNSをチェックする

妻がSNSを頻繁にしているのであれば、SNSから居場所のヒントを得られる可能性もあります。

5. 探偵に調査を依頼する

妻が家出をしている場合、つまり書き置きや衣類の持ち出し等があり、事件性はないと判断された場合には、警察に届けを出しても、積極的な捜査はしてくれません。そのため、妻の家出先を探してくれるのは、実質探偵だけになります。どうしても妻の居場所が分からず埒が明かない場合には、探偵に依頼をするようにしましょう。

やり直したい方向け、夫としてすべきこと

では最後に、家出した妻に帰宅してもらうために、または再び家出をさせないために、夫がすべきことをまとめてみたいと思います。

家出をした理由を考え、反省する

まずは何よりも、自分自身で妻が家出をした理由を考えてみましょう。このとき、理性的な側面で見るのではなく、妻の感情を中心に自分の問題を探してください。自分には問題がない、妻が過剰に反応しているんだ、などという幻想を抱くことも危険です。

どうしても分からない場合は、プライドを捨て、妻の友人または女性の知り合いなどに相談してみることも大切です。

妻を迎えに行く

妻の居場所が分かった場合は、ひとまず迎えに行きましょう。このときに、無理やり連れ戻す、迎えに来てやった、という態度は出さずに、様子を見に来た、反省しているといった姿を前面に押し出してください。また、絶対に感情的になってはいけません。

反省している旨を伝える

妻と話し合いの機会を設けることができたら、とにかく反省している旨を伝えましょう。もし妻が家出の理由を話してくれたら、一切言い訳をせずに、すべての面で妻の意見を真摯に受け止め、反省する、具体的にこういう点を直す、といった点を話してください。万が一相手に問題があるように思ったとしても、相手を責めるのではなく、自分はこう考えていた、でもそれは誤解で、かえって不快な思いをさせてしまった、と相手の立場に立って話すようにしましょう。

同じ過ちを繰り返さないようにする

もし妻が帰宅してくれたら、反省をした通りに、同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。同じことを繰り返せば、今度こそ離婚されると自覚してください。また、妻に不満を抱えさせないために、頻繁にコミュニケーションを取り、不満が無いか聞いておくことも大切です。

妻の話をしっかり聞くようにする

女性は話を聞いてもらうことが何よりも好きです。そのため、妻と話をするときには、言いたいことを言うのではなく、聞き役に徹するようにしましょう。

感謝・ねぎらいの言葉をかける

感謝は思っているだけでは伝わりません。できれば毎日、「ありがとう」という言葉をかけるようにしてください。言葉だけでなく、実際に家事を交代する等、妻をねぎらうことも大切です。

妻に息抜きをさせる

たとえば休日に、今日は家事や子どもの面倒は任せて、遊びに行ってきてもいいよ、などと提案してみましょう。息抜きをすることで、日頃のストレスを発散することができます。

まとめ

奥さんが家出をしてしまう理由や探し方、対策法は分かりましたか?もし、どうしても奥さんの居場所が分からない場合には、前述のように探偵に依頼することも大切です。家出から期間が短ければ短いほど、発見しやすくなるため、困ったときはためらわずに探偵に相談するようにしてください。

原一探偵事務所

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
100%の高評価
料金
120,000円〜
浮気調査
参考価格
250,000円
対応地域
全国
所在地
埼玉県川越市上寺山2-1(本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

調査の基本はチームプレイ!年間相談件数5万件以上の成功実績を持つ老舗探偵事務所
さらに、電話での無料相談も24時間受付中! >>【0120-26-0134

創業45年を超える原一探偵事務所は、年間相談件数5万件以上の成功実績を持つ業界随一の老舗探偵事務所です。原一では調査の成功率を高めるため、常にチームで行動し、調査対象を隙なく監視します。他の事務所では引き受けてもらえない、または失敗した案件であっても、経験豊富な原一探偵事務所は、これまでに何度も解決に導いていきました。信頼できる老舗探偵事務所をお探しの方は、ぜひ原一探偵事務所にご相談ください。

新型コロナウイルスの感染症対策の一環として、テレビ電話での相談受付を開始!

【テレビ電話相談とは?】

  1. ほぼすべてのスマートフォンに対応しており、専用アプリのインストールや機能の追加は不要で気軽に利用できる!
  2. カメラのオフ機能を使って、顔は見せずに相談可能!
  3. 資料を見ながら対面と同様の環境で相談できる!
  4. 土日も対応、ひとりになれるタイミングができたときに相談できる!

原一探偵事務所の3つのポイント

  1. 探偵業界の3冠達成!
  2. 追加料金のない安心の料金プラン
  3. 創業44年の老舗探偵事務所

探偵業界の3冠王!創業44年の老舗探偵事務所

原一探偵事務所は、

 

  • 弁護士が選ぶ 料金トラブルが少ない探偵事務所
  • マスコミ関係者が選ぶ 結果を出せる実績ある探偵事務所
  • 調査してほしい日に調査してくれた探偵事務所

 

 

の3部門で第1位に選ばれた信頼性の高い探偵事務所です。特に原一探偵事務所のオススメポイントとして、「安心の料金体系」と「ベテランの腕」が挙げられます。

まず料金体系ですが、現在の探偵事務所は全国的に料金トラブルが発生しており、国民生活センターには年間7000件以上の電話相談が寄せられているようです。その点、原一探偵事務所は、「見積り以上の追加料金が一切発生しない」ことを約束しています。このような安心の料金システムが、原一探偵事務所の信頼性につながっているようです。

また、創業45年の老舗探偵事務所である原一には、経歴20年を超えるベテラン調査員を含め、大勢のスタッフがいます。そのため、小規模探偵事務所にはできない「チームプレイ」が可能となり(たとえば、尾行がバレそうになったら別の調査員に交代する等)、調査の成功率が極めて高いことでも有名です。

質と安全性の両方をお求めの方には、原一探偵事務所がオススメです。

料金表

調査料金
80,000円~ / 日
基本料金
40,000円
浮気調査参考価格
250,000円

原一探偵事務所の料金には、

  1. 調査時間・日数
  2. 調査員人数・調査機材代
  3. 報告書作成費
  4. 調査車両料金
  5. 諸経費

が含まれます。追加費用は一切発生しません。

さくら幸子探偵事務所

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
99%の高評価
料金
1時間2,000円~
対応地域
全国
所在地
札幌市中央区南1条東2丁目8-1 サンシティビル3F
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

相談実績100,000件以上!創業31年の老舗探偵事務所
さらに、電話での無料相談も24時間受付中! >>【0120-569-015

さくら幸子探偵事務所は、創業31年を誇り、全国に15社をかまえる大手老舗探偵事務所です。相談実績はすでに10万件を超えており、浮気調査や人探しなど、あらゆる相談に対応してくれます。さくら幸子探偵事務所は専属のカウンセラーが在籍し、調査のみならず、クライアントの精神的なサポートにも注力しています。また老舗い企業ということもあり、調査歴の長いベテラン調査員が多いところも、魅力の一つといえます。

さくら幸子探偵事務所の5つのポイント

  1. 創業31年の老舗探偵事務所
  2. 相談実績10万件以上
  3. 全国に15社を構える大手探偵社
  4. 専門のカウンセラーが在籍している
  5. ベテラン調査員が多い

料金表

調査料金(1日)
50,000円~
浮気調査・不倫調査
基本料金 50,000円
人探し・所在調査
基本料金 30,000円
家出調査
基本料金 50,000円
結婚調査・信用調査
基本料金 30,000円
盗聴器発見調査
基本料金 30,000円
ストーカー対策
基本料金 30,000円

あい探偵

  • 浮気調査
オススメ度
98%の高評価
料金
2,500円〜
対応地域
全国
所在地
東京都港区南青山2-2-8(東京本社)
受付時間
10:00 - 20:00
定休日
なし

業界最安値×弁護士推奨の不倫調査特化型探偵事務所

あい探偵は創業24年を誇る中堅探偵事務所であり、浮気・不倫調査に特化した探偵社でもあります。その調査実績は80,000件を超え、圧倒的な調査能力・証拠収集能力で話題を呼んでいます。あい探偵は調査後のフォローも徹底しており、多数の弁護士と提携することで、クライアントの離婚問題も手厚くサポートしてくれます。しかも料金は業界最安値の1時間2500円。さらに完全成功報酬型なので、安心して利用することができます。

あい探偵の3つのポイント

  1. 業界最安値1時間2,500円!
  2. 不倫・浮気調査に特化した探偵事務所
  3. 弁護士も推奨する安心のサービス

業界最安値の1時間2500円!弁護士推奨の探偵事務所

あい探偵は創業24年、約80,000件の実績を持つ中堅探偵事務所のひとつです。あい探偵は浮気・不倫調査に特化しており、不倫調査の証拠収集力は探偵社の中でも特に優れています。

あい探偵の特徴は、多数の弁護士と提携していることです。そもそも浮気・離婚調査は、調査のみで完結する問題ではありません。むしろ調査結果が出てからが本番であり、クライアントは人生の大きな岐路に立たされます。

あい探偵は弁護士やカウンセラーと強く結びつくことで、クライアントの精神的なフォローをしつつ、法的措置が必要になった場合に備え、弁護士のサポートも受けられる体制を整えています。

このような調査力・充実したアフターフォローを備えているにもかかわらず、あい探偵の料金は1時間2500円と業界最安値を記録。さらに完全後払い制を採用しているため、安心して利用することができます(通常後払い制の探偵社は料金が高くなるため、あい探偵の対応は異例中の異例といえます)。

浮気・不倫調査の依頼をしたい方、さらに精神的フォローや調査後の法的アドバイスを受けたい方は、ぜひあい探偵をご利用ください。

料金表

調査料金
2,500円 / 時間(税別)

あい探偵の料金は、「完全成功報酬制度」かつ「料金完全後払い制度」を採用しています。調査が成功した場合のみ料金が発生し、またすべて後払いとなるため、着手金の発生はありません。また追加料金の請求もないため、事前のお見積金額以上の料金も発生しません。

関連記事

一覧に戻る