探偵について知っておきたいこと

浮気・不倫2020/03/20

夫婦の仲が悪い理由7選!夫婦仲が悪いことによるリスクとは?

愛情は結婚した時がピークなんて冗談を言い合うこともありますが、たしかに、結婚を決めた恋人同士の恋愛感情は最高潮にもかかわらず、結婚後、月日を追うごとに、夫婦の関係というのは冷めていきがちです。

夫婦の会話は減り、たまに口を開けば互いの不満ばかり。休日は別々に行動し、夫婦の営みももはや皆無。果たして互いに愛し合っているのかどうか、それすら不安に感じることがあるかもしれません。

もちろん、恋人だった頃のような熱量をそのまま維持し続けることは、ほとんどの人には困難でしょう。どれだけ努力をしようとも、やはり気持ちは変化していくものです。

実際に、保険の第一生命のアンケート(全国の30〜60代の既婚者800名に聞いた『夫婦関係に関するアンケート調査』)によると、配偶者に対して不満を感じている夫婦は、全体の約56%、そして夫婦喧嘩をよくしている人は全体の52%であることがわかりました。

ようするに、半分以上の夫婦は互いに不満を抱えていたり、しばしば喧嘩をしていて、不仲であるシーンが多いということです。

では、どうしてあれほど愛し合っていた夫婦の仲が、これほどまでに悪化してしまうのでしょうか。また、夫婦の仲が悪くなることで、どのようなリスクが起こり得るのでしょうか。

こちらの記事でまとめてみたいと思います。

夫婦の仲が悪い理由7選

それではまず、夫婦の仲が悪くなってしまう理由をあげてみたいと思います。もちろん、夫婦によって原因はさまざまですが、次のようなものが共通しているようです。

1. 他の男性より魅力がない

結婚して家族になり、子供ができたりすると、女性は経済的にも精神的も男性に頼りたくなる機会が増えてきます。そんなとき、男性側に頼りがないと、女性としてはがっかりしてしまうことも。

特に、上司や友人の旦那さんなどに優秀な人物がいると、ますます自分の夫が情けなく見えてしまい、愛情が急激に冷めてしまうことがあります。

もちろん男性にもそれぞれ性格があり、男らしい人ばかりではありませんが、女性としては、いざとなったら頼れる、という姿を見せてもらいたいですよね。

2. 夫がマザコン気質だから

妻の夫に対する不満として、特に多いのが、夫のマザコン気質のようです。男性は女性以上に母親に対する愛情が強く、年齢を重ねても母親に甘えたり、母親のことを考えすぎたりする人が多いようです。母親も娘以上に息子を愛する習性があるようなので、そのような影響もあるのかもしれません。

しかし、妻にしてみると、夫のマザコン気質はかなり厄介なもの。そもそも義母に対する遠慮があるにもかかわらず、夫と義母に結託されてしまっては、行き場を失ってしまいます。まして、自分のことより母親を優先されるようなことがあれば、愛想を尽かしてしまっても不思議はありません。

たとえ顕著でないとしても、男性が無意識のうちに、マザコンな一面を見せていることは多いので、是非とも注意したいところですね。

3. 浮気されたことがある

一度でもパートナーに浮気をされてしまった場合、愛情が急激に冷めてしまっても不思議ではありません。そもそも不倫は、離婚事由に該当するため、離婚されたとしてもまったく不思議でないレベル。

いくら踏みとどまったからといって、これまでと同じ愛情を抱けるかといえば、かなり難しいかもしれません。

また浮気をされるかもしれないという不安もありますし、不満があるが故に、相手の粗が目立ち、ますます嫌気が差してしまう可能性も。不倫をした過去は消えないだけに、尾を引く可能性は十分にあると考えられます。

4. 家事を手伝ってくれないから

夫婦間の不満といえば、家事の問題がありますよね。2020年を過ぎた今でも、日本では、家事は女性がやるものという根強い価値観が残っています。専業主婦ならまだしも、女性が働いているにもかかわらず、家事をすべて押し付けられたりしたら、不満に感じたとしても不思議はありません。

男性の中には、自分の方が稼いでいるから、という理由で家事に無関心な人もいますが、労働力の負担という意味では、いくらかせいでいようがかんけいありません。むしろ仕事をしている女性にしてみれば、自分も稼いでいるのだから、夫は邪魔な存在にくらいしか感じないかもしれません。

愛想を尽かされたくなければ、古い価値観は捨てた方がいいですね。

5. 子育てを手伝ってくれないから

家事に似ていますが、子育てに非協力的な男性も依然として多いようです。たしかに、子育ての中には女性にしかできない部分もありますが、眠る時間すら確保できない子育てのすべてを任されるのは、負担以外の何ものでもありません。それにくわえ、家事まで押し付けられようものなら、すぐさま離婚したくなるかもしれません。

離婚をしないのは、子供のため(つまり、お金のため)。愛情なんてとうに枯れ果てている可能性もあります。男女平等、夫婦共働きの世の中では、どんな理由であれ、男性が育児に協力するのは当然のこと。家事と同様、古い価値観は捨て、本当の意味での家庭の一員になることが大切です。

6. 金銭面の価値観が合わないから

家族になるということは、財産が共有のものになるということです。どちらがお金を稼いだとしても、それは夫婦の財産として認識されます。

そのような関係性の中で、金銭面の価値観がズレてしまうと、夫婦仲の問題に発展する可能性も少なくありません。もちろん、ギャンブルなどは言語道断ですが、お金の使い方ひとつとっても、夫婦の間ですれ違いの生じることがあります。

たとえば男性の場合、趣味に多額のお金を投じることが多く、妻や子供に対してはケチケチする割に、自分には何万、何十万もする(本人以外にとっては)どうでも良さそうなものを平気で購入したりします。

一方女性の場合も、ほとんど使いもしないブランドもののバッグなどを何点も買い集めることがあります。男性の趣味同様に、実はパートナーの理解を得られていない可能性は十分にあります。

お金は夫婦や子供将来にも関係するものであり、多少の自由は持ちつつも、根本では共通の価値観を持っているべきです。夫婦になる前にお金の考えを共有できなかった場合は、結婚後であっても、手遅れになる前に、よく話し合うべきでしょう。

7. セックスレスが続いているから

恋人時代や新婚当初はあれだけ互いを求め合っていたにもかかわらず、時が経つと、自然と夫婦の営みは減っていくものです。体の関係が夫婦のすべてではありませんが、やはり男と女が一緒にいる以上、性欲を満たし合うのは互いに課せられた責任でもあります。なにしろ、結婚をした以上、夫婦以外の人と肉体関係を結ぶわけにはいかないのですから、パートナーの性欲は、自分が満たす他ないのです。

しかしながら、実はここが難しいところで、男性と女性では性欲の強まるタイミングが異なります。勘違いをしている人も多いのですが、歳をとってから性欲の不満を感じるようになるのは、主に女性です。というのも、男性の性欲のピークは20〜30代と言われれているのに対し、女性の性欲は、40代頃から増加し始めるのです。つまり、男性の性欲が減退し始めた頃に、女性は性に強い興味を抱くようになるため、どうしてもすれ違いが起きてしまいます。これがセックスレスの原因のひとついわれているのです。

ちなみに、セックスレスは離婚事由になるほどに、法的観点から見ても、夫婦の間で重要な問題とされています。セックスレスの解決には、上記のような夫婦のせい浴のすれ違いも関係するため、男女の違いを互いに正しく認識しておくことが大切です。

夫婦の仲が悪いことによるリスク

夫婦の仲が悪いと、次のような問題に発展する可能性があります。

1. 離婚

夫婦の仲が悪ければ、とうぜん婚姻関係を続けることが難しくなり、そのまま離婚に発展する可能性は十分にあります。

夫婦であれば、常に仲良しでいることも難しいものですが、問題をそのまま放置し、互いに歩み寄らない期間が長引くと、その分だけ離婚のリスクは高くなります。

とくに、女性が不満を抱えているにもかかわらず、男性はそれを重大な問題と認識せずに、子供が自立してから熟年離婚をする夫婦も増えています。

また、もし離婚事由に該当するものがあれば(不倫やセックスレス等)、慰謝料を請求される可能性もあるなど、離婚に伴うさらなる問題に発展することも十分にありえます。

2. 浮気される可能性がある

夫婦間の仲が悪い場合、家に居づらいと感じるのは当然です。仕事や日常生活で苦労した挙句、気持ちをわかってくれないパートナーがいれば、他の人に逃げたくなっても不思議はありません。

浮気はしてもされても、完全に元の夫婦関係に戻ることはできません。それに耐えきれず、離婚する夫婦も少なくありません。

浮気は許されるべきことではありませんが、浮気をする人の多くは、浮気をするだけの理由(悩み)を抱えていることを、しっかりと理解する必要があるのです。

3. 子供に悪影響を与える

夫婦間の仲が悪いと、子供の人格形成にも悪影響を与えてしまいます。仲の悪い親を見て育った子供は、愛情や信頼に対する意識が乏しく、人間関係を築きづらくなると言われています。

また、家にいることが嫌になり、家出や非行を繰り返す傾向も高くなります。誰だって、両親の関係がギスギスしていたり、喧嘩ばかりしている家庭にいたいとは思いませんよね。

なかには、長年のストレスが鬱積し、精神を病んでしまうケースもあります。

子供の精神は非常にデリケートで、周囲の影響に大きく左右されます。両親の本来の役割は、愛情の意味を子供に伝えることです。つまり、子供は仲の良い両親を見て、愛情の豊かさを初めて理解できるのです。子供のためを願うなら、夫婦仲が良好に越したことはありません。

夫婦の仲を改善するための方法

夫婦仲を放置してしまうと、状況は悪化するばかりです。夫婦関係を改善したいのであれば、少しでも早く、次のようなことを実践するようにしましょう。

コミュニケーションを取る

仲の悪い夫婦は、そもそもコミュニケーションが欠乏しています。口を開けば喧嘩になるから、というのが理由でしょうが、だからといって互いに無視し合っていては、離婚に向けて加速していくだけです。

まずはお互いに冷静になり、自分から妥協し、定期的に相手の話を聞くだけの機会を作るようにしましょう。話を聞くときは、腰を折ったり、自分の意見を主張したりせず、ひたすらに相槌を打つことが大切です。ひとは、自分の話を聞いてくれる人に対し、信頼感を抱きます。崩れかけてしまった見解を戻すには、まずは話を聞くところから始めてみましょう。

感謝の気持ちを伝える

夫婦の時間が長くなると、つい照れ臭くなって、感謝の気持ちを伝えづらくなります。でも、どんなに辛い仕事も育児も、家族からの労いの言葉で報われるものです。まずはパートナーから、なるべく頻繁に、できれば毎日、感謝の言葉を伝えてあげましょう。

二人で出かける

どれだけ忙しくても、二人で出かける時間を作るようにしましょう。たとえちょっとした散歩でもかまいません。二人きりでいることで、普段はできない話ができるかもしれません。恋人の頃にそうだったように、二人だけの時間をぜひ大切にしてください。

夫婦の問題を相談したい人はこちら

夫婦間の問題について相談したい人は、次のような期間を頼るようにしましょう。

カウンセラー

夫婦の問題を解決したい、夫婦仲を改善したいという方は、カウンセラーがおすすめです。カウンセラーはアドバイザーではありませんが、専門家と話をする過程で、自分自身の問題が解決され、結果的に夫婦関係の改善につながることがよくあります。

なお、夫婦が一緒に受けられるカウンセリングもあります。

弁護士

離婚の決断をしたにもかかわらず、夫婦間で意見が合わない場合は、弁護士に相談しましょう。不倫やセックスレスなどの離婚事由がある場合は、慰謝料の請求なども相談することができます。

探偵

パートナーの不倫がある場合には、探偵に調査を依頼しましょう。探偵は、浮気の証拠を集めてくれる唯一の職業です。グレーなイメージがあるかもしれませんが、実際には弁護士と提携するなど、信頼性の高い機関といえます。

おすすめの探偵事務所

探偵に依頼したい人には、つぎの探偵事務所がおすすめです。探偵業界には依然として悪徳業者が多くはびこっているため、信頼性の高いところに依頼するようにしてください。

原一探偵事務所

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
100%の高評価
料金
120,000円〜
対応地域
全国
所在地
埼玉県川越市上寺山2-1(本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

調査の基本はチームプレイ!11万件以上の成功実績を持つ老舗探偵事務所
さらに、電話での無料相談も24時間受付中! >>【0120-26-0134

創業44年を超える原一探偵事務所は、11万件以上の成功実績を持つ業界随一の老舗探偵事務所です。原一では調査の成功率を高めるため、常にチームで行動し、調査対象を隙なく監視します。他の事務所では引き受けてもらえない、または失敗した案件であっても、経験豊富な原一探偵事務所は、これまでに何度も解決に導いていきました。信頼できる老舗探偵事務所をお探しの方は、ぜひ原一探偵事務所にご相談ください。

MR

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
98%の高評価
料金
20,000円〜
対応地域
全国
所在地
東京都豊島区東池袋1-47-3-1F(東京本社)
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

5年連続業界実績No.1!女性の心に寄り添うメンタルケアで顧客満足度97.4%

MRは業界最大手の探偵社であり、業界で初めて認定カウンセラーを導入したパイオニアでもあります。依頼に訪れる女性の苦悩を考慮し、クライアントに寄り添うサービスを展開。探偵・カウンセラー・弁護士の3者が協力し合うことにより、調査のみならず、クライアントのその後の人生を手厚くサポートしてくれます。このような徹底した支援体制が功を奏し、顧客満足度は97.4%を突破。その実績は5年連続業界No.1を記録しています。

HAL探偵社

  • 浮気調査
  • 人探し
  • 防犯
  • 素行調査
  • 結婚調査
  • ストーカー
  • 近隣トラブル
オススメ度
97%の高評価
料金
6,000円 / 時 ~
対応地域
全国
所在地
東京都新宿区西新宿7-22-18 オフィスK3階
受付時間
24時間365日受付可
定休日
なし

満足度98.36%×成功率99.8%×業界最安値級!コスパ最強の探偵事務所

HAL探偵社の成功率は「99.8%」を記録しており、その調査力は他社を圧倒しています。案件の3分の1は他社で断られたり、失敗したものであり、HAL探偵事務所の能力の高さを伺うことができます。また料金は業界最安値級である「1時間6,000円」をマーク。業界初となる「後払い制」も採用しており、探偵事務所の中でもっともコストパフォーマンスに優れた存在といえます。

一覧に戻る